正しいことか?自動車保険にも暴力団締め出しの動き

最近は、暴力団に対する締め付けが厳しくなっているようです。暴力団員と分かると銀行の預金口座も作れ無い可能性もありますし、携帯電話の契約すらできないこともあるようです。完全に徹底されているわけでも無いようですけど

さて、この動きは、自動車保険でも見られるようです。でも、自動車保険から暴力団員を締め出すのって、正しい判断なのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

暴力団員は自動車保険にも入れない

自動車保険にも暴力団排除の条項を加わる動きがあるようです。暴力団員と分かれば、自動車保険の契約を、契約後でも解除できるようにするようですね。1

でも、これって、正しい動きなのでしょうか?はっきり言って、暴力団排除の名のものとに、改悪をしているだけのような気もします。

被害者保護という観点からすると愚考

自動車保険の本来の目的は、高額の損害賠償請求に備えることです。

人を死なせてしまったり、物を壊してしまった場合、加害者の側はその損害を賠償しないといけません。

ただ、例えば人が亡くなると、数億円単位の損害賠償が発生することがあります。普通の人だと、そんな金額は用意できませんよね。ですから、こういう万が一のケースに備えて入るのが自動車保険なのです。

ということは、もし暴力団員は一律契約を解除してしまうと言うことだと、事故を起こした時に賠償を払えないと言うことですよね。自動車保険に入っていないからと言って、賠償を免れるわけではありません。でも、お金が無ければ払いようがないのも事実ですからね。

逆に、交通事故の被害者からしたら、弁済を受けられない可能性があるということです。相手がお金を持っていなければ、取り立てることも出来ません。

ということは、暴力団員が事故を起こしたら、被害者は泣き寝入りなんて事にもなりかねません。はっきり言って、本末転倒だと思うんだけどなあ。

暴力団員と直接交渉が必要になる

一般に、車の運転者が自動車保険に入っている場合、示談交渉は保険会社が行います。保険に入っていない場合はどうするかというと、車の持ち主やドライバーと示談交渉をすることになるでしょう。

暴力団員が自動車保険に入れないという事になると、暴力団員の車との事故を起こした場合は、暴力団員と交渉をしなければいけません。これって、かなり嫌ですよね。

交通事故の示談交渉なんて、相手が一般の人だってやりたくありません。それが、暴力団員と交渉だなんて、絶対に嫌ですよね。

暴力団員が車を買えない、車に乗れないというのなら、自動車保険に入れなくても問題は無いのですけどね。現状、暴力団員だから車に乗れないというような状況にはなっていません。

自賠責は使える

ちなみに、暴力団員が自動車保険に入れないとは言っても、任意保険に入れないというだけです。自賠責には入ることができます。

自賠責に入ることが出来るので、人身事故の場合は、最低限のセーフティネットはあることになります。何も賠償が無いという事は無いわけです。

ただ、自賠責で十分かというと、もちろんそんなことはありません。そもそも、自賠責だけでは足りないので、民間の自動車保険があるわけですからね。

対人賠償保険と対物賠償保険だけは契約できるようにすれば?

被害者の保護という事を考えれば、対人賠償保険と対物賠償保険だけは契約できるようにする方が望ましいような気がします。人にケガをさせたり死なせてしまったようなケースと、人のものを壊したようなケースは、補償すべきだと思うんですよね。一律契約しないは、ちょっと乱暴な気がするんですよね。

損保会社にしてみたら、一律で契約をきってしまう方が楽なんでしょうけどね。あるいは、対人賠償保険や対物賠償保険が悪用される可能性もあるのかもしれませんけど。

何にしても、きめ細かい対応を期待したいものです。

最終的には政治マターのような気もしますけどね。


自動車保険のニュースと余談
  1. 自動車保険に暴排条項 損保大手、組員なら契約解除(朝日新聞デジタル) []

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。