日本は交通事故の死者数が比較的少ない国| 危ないのは韓国と米国

内閣府の交通安全白書というレポートを読んでいたら、興味深いグラフを見つけました。国際道路交通事故データベース(IRTAD)というところによる、各国の交通事故死者に関するグラフです。

グラフを見ると一目瞭然なのですが、人口当たりの日本の交通事故の死者数は、世界的に見ても少ないことが分かります。交通の面でも、日本は比較的安全な国と言えそうですね。犯罪件数のように、ずば抜けて良いという程でもないようですが。

ちなみに、それなりに人口が多い国で、日本よりも死者数が少ないのはイギリスだけです。あと、敢えて挙げるとオランダくらいかな。それ以外は、人口1千万人を下回る小さな国ばかりです。

023

意外と少ないドイツの死者数

ちょっと興味深いのが、ドイツの交通事故による死者の少なさです。アウトバーンなんていう速度制限が無い高速道路を持つ国ですが、人口当たりの交通事故による死者では日本とそれほど変わらない水準なのが分かります。

イタリアやフランスなどと比べると、むしろ安全なんですね。車が安全に出来ているのでしょうか。あるいは、意外と事故自体が少ないのかなあ。

アメリカと韓国はイギリスの3倍以上の死者数

人口当たりの死者数が多いのが、アメリカと韓国です。もっとも安全なイギリスと比べると、3倍以上なんですね。

車社会のアメリカで交通事故の死者数が多いのは何となく分かります。でも、韓国で死者数が多いのは何でなのでしょうか。不思議に感じます。

車の安全性の問題なのでしょうか。あるいは、道路状況の問題なのでしょうか。国民性の問題という可能性も捨て切れませんね。ちょっと気になるところです。


事故車だって買い取ってもらえる

事故車でも買い取ってもらえるサービス

通常、事故車を廃車にするときには、お金を払って処分してもらうことになります。しかし、事故車でも買い取ってくれるサービスもあるようです。

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。