自賠責保険に対物賠償保険の機能はあるのか?(基本を確認しておこう)

自動車保険、特に自賠責保険の基本を確認しておきましょう。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の補償の対象となるのは、対人賠償に限られます。対物賠償事故は対象となっていません。

もっと正確に言うと、自賠責保険には対人賠償保険の機能しかありません。要するに、ミニマムな補償を提供する保険だと理解しておくのが良いでしょう。

もともと自賠責保険は、交通事故の被害者の保護を目的として出来たものです。そう考えると、対人賠償を機能として持っているのは、とても自然なことなのです。

対物賠償の機能が必要なら任意保険に入ることが必要

対物賠償がありませんから、多くのケースでは自賠責保険は使い物になりません。例えば、車がガードレールに突っ込んで弁償するようなケースでは、全く役に立たないわけです。自腹で弁償しないといけないわけですね。

保険の必要があると考えれば、任意の自動車保険いはいる必要があります。対物賠償は思わぬ程高額になることもありますから、可能なら任意保険に入って準備をする方が望ましいでしょう。

自賠責保険の補償の範囲

ちなみに、自賠責保険の補償額は、次のようになっています。

傷害による損害:最高120万円
後遺障害による損害:最高4,000万円
死亡による損害:最高3,000万円

つまり、どんなに保険金が支払われるケースでも4,000万円までしか面倒を見てくれないわけです。正確に書くと4,120万円が上限ですね。

死亡事故などではこれでは全く足りないことが多いです。ですから、いざと言うケースに備えるのなら、任意の自動車保険に入ることを考えるべきです。

というか、対人賠償保険と対物賠償保険には、保険金額の上限を無制限にして入っておく方が良いでしょうね。


自賠責保険とは何だ?覚えておきたい基礎知識

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。