ノンフリート等級が低いと自動車保険を契約拒否されることも

ノンフリート等級が余りに低い場合、自動車保険の契約を拒否されることがあります。どの程度の等級で拒否されるかは、損保会社によるようです。

等級が低いと言うことは、毎年のように事故を起こしているということです。多少高目の保険料をとっても、採算割れする可能性が高いでしょう。損保会社としても、赤字になる確率が明らかに高い契約なんてしたくないですよね。

保険会社には、ある程度の公共性があるのだとは思います。それでも営利企業ですから、あまりに酷いものは受け入れられないですよね。致し方ないことです。

契約を拒否された例

知恵袋を見てると、自動車保険の契約更新を拒否された例を見つけました。ちょっと引用してみましょう。

自動車保険の更新を拒否されました どこか引き受けて呉れる保険会社はあるのでしょうか
現在4等級です 初心者の息子2人が運転を始めたのでここ数年で4回ほど車両保険を使いました。自損事故・最高で30万円位 あと1回は対車両の事故(9:1で当方支払が1で4~5万円位だったと記憶しています) これらが原因とは思いますが

ここに書かれていることだけだと詳しいことは分かりません。ただ、現在4等級で自動車保険に契約できて、翌年契約できないと言うことは、現在の契約更新後に事故を起こした可能性が高そうです。今年4等級で契約して、来年5等級に上がるのに保険契約が出来ないとは考えにくいですからね。来年1等級になるから拒否と言うことなのでしょう。

こういうケースは実際に起こると言う一例でした。

なんで保険を使ったんだろう?

ここで一つ疑問なのが、この質問者は保険金額が小さい事故でも自動車保険を使っているという点です。最高で30万円という書き方をしていますから、その他の事故は10万円とか20万円程度と想像できますよね。

ノンフリート等級が下がれば翌年以降の保険料が上がります。そのことを考慮すれば、自腹で処理をした方が得だったように思うのです。

多分、そんな知識もなくて、保険金が出るから保険出処理をしたと言うことなのでしょうね。はっきり言って、割高な保険料を払っていると言う意味でも、かなりの損をしているものと思われます。

無知って損をするという例と言ってよさそうです。

自動車保険についての全てを知るということは、当然ですが不可能です。でも、「保険を使うと損をすることがある」と言う程度の知識は持っておきたいものですね。それだけ知っていれば、保険を使う前に調べることも可能ですから。


ノンフリート等級とは?

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。