入る必要が無い保険は入らない方がマシ

自動車保険に限らず、保険の契約をするかどうかを考える際に覚えておいて欲しいルールがあります。それは、事故が起きた時に預貯金で対応できるのなら、保険には入らない方が良いというルールです。

掛け捨て保険の基本ルールは「多くの人からお金を集め、それを事故にあった人に配る」というものです。これだけだったら、全体としては損も得もありませんよね。誰かが保険金を貰って得をした分、誰かが保険料を無駄に払うことになるからです。

手数料が馬鹿になりません

でも実際は、こんなふうになっていません。なぜなら実際は、途中で保険会社が手数料を中抜きしているからです。この手数料がかなり高いので、可能な限り保険に頼らない方が良いのです。契約者側にとって不利なわけですね。

もちろん、保険に入ることが必要なケースもあります。万が一のときの出費が、預貯金で対応できないようなケースです。

自動車保険だったら、万が一事故で人を死なせてしまったら、億単位の賠償責任が発生する場合があります。こういうケースは保険で対処するしかありません。

しかし例えば、100万円の車に対して車両保険が必要かといわれると、かなり微妙ですよね。100万円くらいの車なら、最悪の場合は預貯金を使って新しいものを買うという選択肢もあるかもしれません。

自動車保険は必要な保険だとは思いますが

医療保険などと比べると、自動車保険は必要性が大きい保険だと言えるでしょう。万が一の時に必要になる額が大きいですからね。

しかし、全ての補償が必要かといわれると、必ずしもそんなことはありません。必要な補償に絞ることで、保険料の負担を軽く出来る可能性があります。ぜひ一度考えてみることをおすすめします。


自動車保険は必要か?要らない補償は無いの?

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。