2014年度の自賠責保険の保険料が決定| 保険料は据え置かれるようですね

ロイターによると、2014年度の自賠責保険の保険料が決まったのだそうです。

一応用語を確認しておきますと、保険料は私達が保険会社に払うお金ですね。保険金だと逆で、事故があったときに貰うお金を指します。

紛らわしい用語ですからね。逐一確認しておきましょう。

保険料は据え置き

ちなみに2014年度は、13年度からのアップは無いようですね。据え置かれるようです。1

据え置きにする理由は、11年度と13年度に値上げがあって、収支が改善しているためだとか。なんにしても、値段が上がらないのは、私達には良いことですね。

ちなみに、2014年度には消費増税があります。ということは、保険料が据え置かれるのは、実質的には値引きと同じということですね。ただ、収支の状況次第では、2015年に大きく上がるのかもしれません。

保険料は金融庁が決めるんだね

ところで、自賠責保険って、金融庁が最終的な決定をするみたいですね。

金融庁は29日開催の自動車損害賠償責任(自賠責)保険審議会で2014年度の自賠責保険料について審議し、据え置くことを決めた。

損害保険料算出機構というのがあって、そこが色々と計算しているのは知っていました。でも、最終的な決定は金融庁なのですね。

まあ、これは当然か。


自賠責保険とは何だ?覚えておきたい基礎知識
  1. 自賠責保険料、14年度は据え置き=金融庁(ロイター)2014年1月29日 []

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。