自賠責保険の契約をしていない自動車が事故をしたら大変なことに

前のページに書いたように、自賠責保険の契約を忘れると大きなペナルティがあります。免停の上に、罰金まで取られるのです。

ただ、自賠責保険に入らない一番のデメリットは、見つかった時のペナルティではありません。自賠責保険に入っていない時に、交通事故を起こすリスクがあることです。

大きな事故の場合、自賠責保険の保険料と比べてとんでもないコストがかかりますからね。そんなリスクを回避するためにも、保険は必須です。

賠償額の支払いは最終的には加害者

自動車保険に入っていない車が加害者の場合を考えてみましょう。こんなケースでは、加害者には賠償の支払い能力が無い可能性が大きいです。死亡事故の場合、数千万円単位とか数億円単位の賠償になる可能性も大きいですから。

それでは、被害者は泣き寝入りをしないといけないのでしょうか。実は、そういうことでもないのです。被害者は自賠責保険の保険金と同額の補償を受け取れます。なぜかというと、被害者は政府に賠償を請求できる事になっているからです。自賠責保険の保険金の範囲内という条件は付きますけどね。

ただ、もちろん、政府が払ってお終いというわけではありません。最終的に、政府から加害者に損害賠償の請求があるのです。要するに、政府が立替払いをしたような形になるわけです。つまり加害者は、損害賠償から逃れることが出来ないのです。

もちろん、自賠責保険の補償の範囲を超えるものに関しては、被害者から加害者に直接請求が行きます。

自動車を運転する以上、加害者になるリスクは避けられない

仮に原付でも、自動車を運転する以上、自分が加害者になるリスクはゼロには出来ません。なにせ、自転車ですら死亡事故の加害者になる可能性がありますからね。

そうであれば、最低限の準備はしないといけません。人生が滅茶苦茶になってしまいます。

自賠責保険が準備として十分だとは思いません。最低限というところに基準を置いても、まだ足りないでしょう。ただ、それでも、自賠責保険にすら入っていないのでは、全く話になりません。

自分の人生をおかしくしないためにも、最低限の保険には入りましょうね。もちろん、法律で決められている以上、入らないという選択肢は無いのですけどね。


自賠責保険とは何だ?覚えておきたい基礎知識

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。