軽自動車に車両保険は必要か?不要なケースが多そうです

自動車保険の補償について、一番悩むのは、車両保険を付けるかどうかでしょう。車両保険を外すと、保険料が大幅に安くなりますからね。

そして、特に悩むのが、軽自動車の時車両保険を付けるかどうかです。「本当に必要なの?」と思ってしまいますよね。

結論から言ってしまうと

自動車保険の主要な補償の中で、もっとも必要性が小さいのが車両保険です。特に軽自動車の場合は要らないケースが多いでしょう。

軽自動車で車両保険が要らない理由は簡単です。車両保険に入らなくても、対応できるケースが多いのです。軽自動車は車自体の価格が安いですからね。

保険以外で対応できるものに対しては保険を使わないというのは、保険に付いて考えるときの基本です。

以下、車両保険が不要な理由について、もう少し詳しく補足していきましょう。

軽自動車に自動車保険は不要な事が多いです。

100万円だったら預貯金とローンで対応できそう

車両保険が必要かどうかで一番重要なのは、保険無しで対応できるかどうかです。保険は基本的に手数料が高いので、事故の時に保険無しで対応可能ならそもそも保険に入らない方が良いのです。

そのためには、軽自動車を廃車にしたときの再取得価格を検討する必要があります。新しく買い替える価格の事ですね。再取得価格が小さければ、保険を使わなくても良いということになります。

軽自動車なら預貯金とちょっとのローンで再取得可能

さて、軽自動車というのは、いくらくらいで買えるのでしょうか。

軽自動車といっても価格帯に開きはあります。まあ、でも、新車で買うと100万円台の前半くらいでしょうか。中古車だと100万円を切るくらいの価格帯かな。

このくらいの金額なら、一般的には、預貯金で対応可能でしょう。新車を買うことも可能ですし、余裕が無ければ中古車という選択肢もあります。

預貯金で何とかならなくても、ローンを組んでも良いでしょう。

ということで、仮に廃車にするような事故を起こしても、車の再取得の費用は何とかなるわけです。ということは、車両保険は要らないという判断ができそうです。

逆に、これが何とかならないと思えば、車両保険が必要だということです。

保険は手数料が高いという原則に立ち返って考えると…

このページでも繰り返し書いているように、掛け捨て保険というのは手数料が高いものです。ですから、可能な限り使うべきではありません。

もちろん、絶対に必要な保険に関しては、多少手数料が高くても入らなくてはいけません。人生を狂わすことにもなりかねませんからね。しかし、それ以外のものに関しては、保険を使うべきではないのです。

自動車保険で言うと、対人賠償責任保険は絶対に必要です。なぜなら、交通事故で人を死なせてしまったようなケースでは、かなりの額の賠償責任を負うからです。億単位の賠償は、預貯金では対応が仕切れません。

また、対物賠償責任保険も入っておいた方が良いでしょう。こちらも、対人賠償程では無いですが、高額の損害賠償の責任が生じる可能性があります。

逆に、保険を使わないでも何とか対処できる車両保険のような保険は、必要性が小さいわけです。

保険を使わなくても対処できるような損害では、極力保険には入らない方が良い。車両保険もその一つ。

預貯金が少なくて自動車が絶対に必要な場合は車両保険の利用も考えられる

ただ軽自動車でも、車両保険を使った方が良いケースもあります。例えば、預貯金の額が少ない人で、自動車が生活で絶対に必要なら、車両保険は必要かもしれません。

車が必要な地域に住んでいれば、自動車は足代わりです。そんなケースだと、車無しでは生きていけませんよね。

ということは、万が一の時には車の再取得費用を準備する必要はあります。預貯金などで対応できないのなら、多少手数料が高いことには目をつむって、車両保険に入る必要はあるでしょう。

まあ、あくまで、貯金があまりなくてローンも難しそうな人の場合ですけどね。極力入らない方向で考えるのが良いのは、間違いありません。


車両保険は工夫の余地が大きい

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。