自動車保険の必要性について考えてみよう

自動車保険の任意保険は必要だと考えられています。その理由は簡単で、自賠責保険だけでは補償が不足するからです。

なぜ国が定める自賠責保険だけでは不足なのでしょうか。このページでは、自動車保険の任意保険の必要性について考えてみましょう。

保険の目的は大きな損失に備えること

自動車保険の必要性について考える前に、そもそも何で保険が存在するのかを考えましょう。

そもそも保険というのは、何か事故がおきたときに、金銭的に困らないように対処するためのものです。預貯金では対応出来ないようなことがおきたときのために準備するのです。

例えば、普通の家庭だと、夫が突然亡くなると残された家族は生活に困りますよね。一番大きな収入が突然なくなるわけですから、生きていくのが大変なのは容易に想像がつきます。こういう事態に備えるために、公的な遺族年金の仕組みや、民間の生命保険があります。

万が一の時の金銭的な被害の大きさが、保険を使うかどうかの判断基準のひとつになります。

保険には手数料がかかる

その一方で、何でもかんでも保険を掛ければ良いかというと、そんなこともありません。なぜかというと、保険というのは、一般に、非常に手数料が高いものだからです。

大雑把に言って、掛け捨て保険の場合、3分の1から半分くらいは手数料として取られるというイメージを持っておくと良いでしょう。はっきり言って、手数料はとても高いのです。

最初に保険会社が手数料を抜いて、事故にあった人にわたるのは保険会社が手数料として抜いた残りです。率直に言って、あまり有利な契約とはいえないわけです。

ということで、手数料の高さを考えると、保険には出来るだけ入らない方が良いのです。預貯金で対応できるのなら、保険を使わない方が良いのです。

ここまで書いたことを簡単にまとめて見ましょう。まず、預貯金で対応できないものは保険に頼るしかありません。しかし、保険は割高な商品なので、何でもかんでも保険に頼るのもいけません。

交通事故の損害賠償では預貯金でどうにもならないケースがある

さて、ここまで確認した所で、自動車保険の必要性について考えてみましょう。

交通事故で人を死なせてしまった場合や、重い障害が残るような場合、かなりの額の損害賠償が必要になります。億単位の賠償をしないといけない可能性も大きいです。

億単位の損害賠償をするのは、預貯金からでは無理ですよね。また、自賠責保険でもぜんぜん足りません。ですから、自動車保険の対人賠償責任保険は必要だと考えるのが正しいでしょう。

また、交通事故で物を壊してしまった時の損害賠償への対処も必要です。ですから、対物賠償責任保険という補償も必要だといえそうです。

例えば、店舗に車が突っ込むような事故を起こすと、その賠償はかなりの額になります。店舗の補修にかかる費用だけでなく、営業できない期間の損失も補償しないといけないからです。

全ての補償が必要というわけではない

上に書いたような理由で、自動車保険の必要性が大きいことは分かりました。ただ、自動車保険の全ての補償が必要というわけではありません。

保険会社というのは、少しでも保険料を大きくしたいものです。ですから、不要な補償を色々つけて大きな契約にしようとします。

例えば、車の運転中の事故によるドライバーのケガや死亡に対する補償が、自動車保険にはあります。でも、この補償は要らない可能性も大きいのです。

なぜなら、ケガに対しては公的な医療保険(国民健康保険や健康保険)や民間の医療保険があります。死亡した場合は生命保険に入っていれば対処可能です。また、公的な遺族年金などもあります。

自動車保険の場合、要らない補償に関しては、自分の意思で外せることが多いです。しっかり見極めて、要らない補償は外すことが大事です。そうしないと、手数料の高い保険に入らされていることになってしまうのです。


自動車保険は必要か?要らない補償は無いの?

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。