車両保険のエコノミー型って何?何で節約につながるの?

車両保険には一般型とエコノミー型があります。エコノミー型は「エコノミータイプ」や「車対車+A」などと呼ばれることもあります。

エコノミー型にすることで、自動車保険の節約をすることが出来ます。なぜ節約につながるのかを見てみましょう。

車両保険のエコノミー型とは

車両保険のエコノミー型と一般型はどう違うのでしょうか。簡単に言うと、一般型は車両保険の補償範囲を全て補償する保険です。一方、補償の範囲を限定したのがエコノミー型です。

「車対車+A」という呼び名からも想像がつくでしょうが、エコノミー型の自動車保険では、主に補償されるのは車同士の事故の場合の補償です。運転中に何かにぶつけたなどの自損事故は、保険の対象から外れます。

補償される範囲が狭いので、当然ですが、保険料は安くなります。補償を重視するなら一般型、保険料を重視するならエコノミー型ということになります。

エコノミー型はどの程度安いのか

エコノミー型を選択すると、保険料はどの程度安くなるのでしょうか。あるサイトによると、車両保険をつけない場合の保険料に対して、エコノミー型をつけると保険料は1.6倍程度なのだとか。これが一般型をつけると、2倍程度になるそうです。

この数字がどの程度正確かは何とも言えません。まあ、一つの目安だと考えれば良いでしょう。

さて、イメージしやすいように、保険料を具体的な価格で考えてみましょう。まず、車両保険をつけない場合の保険料を4万円としてみましょう。この場合だと、エコノミー型をつけた場合、保険料は4万円の1.6倍の6万4000円となります。一般型をつけた場合だと、4万円の2倍の8万円になるという計算ですね。

このケースだと、1万6000円の差がつくわけです。かなり大きな差がつく事が分かりますね。車両保険を抜いた場合の保険料が高い場合には、エコノミー型にするだけでも大きな節約につながるはずです。

実際問題としては、車両保険の価格は、車の車種や古さにも影響されます。こんなふうに単純にはいかないですけどね。実際どの程度保険料に差があるかは、比較ツールなどを使って確かめてみてください。


車両保険は工夫の余地が大きい

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。