NKSJグループ(損害保険ジャパンと日本興亜損害保険)が自動車保険の保険料をアップ| 消費増税の便乗値上げか?

損害保険大手のNKSJグループが消費増税の影響のために、自動車保険の保険料を値上げするようです。1 ちなみに、NKSJグループの中核的な損保会社には、損害保険ジャパンと日本興亜損害保険があります。

損害保険大手NKSJホールディングス傘下の損害保険ジャパンと日本興亜損害保険は4日、自動車保険の保険料の値上げ幅を平均2%台とする方針を固めた。消費税増税で自動車の修理にかかるコストなどが膨らむため。時期は損保ジャパンが7月、日本興亜は9月の見通し。

保険料には消費税がかからないのに、なぜ?

自動車保険に関して保険料の値上げをする理由は、増税により保険金の支払いが増えるとみられているからです。ただ、保険料自体には消費税がかからないため、値上げは2%台にとどまると言うことのようですね。

ちなみに記事では、支払う保険金が上がる大きな理由として、車両保険の支払いが増えることを想定しているようですね。確かに、人への補償は消費税はあまり関係無さそうですからね。値上げを正当化するには、モノへの補償を理由にしないといけないでしょう。

両社は9月に合併する予定。商品の共通化に向けた商品改定の中で、増税で膨らむコストの一部を転嫁する方向で検討していた。保険料自体に消費税はかからない。ただ損害保険会社が支払う修理代金には増税分が反映されるため、収益の圧迫要因になる。

これは便乗値上げなのか?

ちなみに、この決定に対しては、反発も強いようです。Yahoo!ニュースの掲示板では、反対意見ばかりが並んでいました。まあ、あそこのコメントは、いつでも反対意見ばかりだとは思いますけどね。

特に、無理やり理屈を作り上げた便乗値上げではないかという次の意見には、賛成が多かったです。

保険料自体に消費税はかからないんじゃなかったのかよ!!と思ったら、
修理費が値上がりするから値上げって…
よくもまあそんな苦しい言い訳を…

ただ個人的には、修理費の値上がりで保険料が上がると言うのは、それほど苦しいいいわけだとは思いません。なぜなら、車両保険をつけるかどうかで、保険料が2倍近く違うこともありますからね。自動車保険におけるモノへの補償はかなり大きいのです。

そうであれば、修理費用のアップに対応した、ある程度の値上げは理解できなくはありません。2%台という上げ幅には議論はあるでしょうが、それなりに筋は通ります。

ですから個人的には、車両保険を付けない場合の値上げがどの程度になるのかと言う点には興味があります。車両保険を含まない場合は、モノへの補償は小さくなります。当然値上げの率も小さくなるはずですよね。そうでなければ、ちょっと便乗臭いと判断できるでしょう。

火災保険などは上げないんだよね

もう一つ便乗を疑わせるポイントとしては、自動車保険だけをターゲットに値上げをするという点です。個人賠償責任保険や火災保険などは、修理費用が上がるのなら、保険会社にとっては負担増のはずです。それなのに、これらの保険の保険料が上がると言う報道は目にしません。

単純に、バランスを欠いている気がするんですよね。自動車保険だけ上げるとなると、不採算部門の自動車保険の収益を改善するためだけの便乗値上げではないか、と思ってしまうのです。

もちろん、自動車保険の保険料をどう決めるかは、保険会社の問題です。消費者としては、納得できなければ、他社に乗り換えるだけの話ではあります。

他社も値上げを検討しているようです

ちなみに、他の損保大手も、自動車保険保険料の値上げを検討しているようです。まあ、どこかが上げれば、上げやすくはなりますよね。

率先して他社が値上げをしてくれるのなら、他の保険会社にとってはありがたい話でしょう。飛んでくる火の粉を代りに被ってくれますから。

ほかの損保大手も、事業の効率化などでコスト増を吸収できない場合には保険料を値上げすることを検討している。損保ジャパンと日本興亜が値上げすれば、他社も追随する可能性がある。

でも、他社も上がるとなると、乗り換えるのも難しくなりますね。なかなか悩ましい所です。

  1. 自動車保険料、2%値上げへ=消費増税の影響―NKSJグループ(時事通信)2014年4月4日 []

タグ:

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。