高級車は車両保険に入っておいた方が良さそうです| ただ保険料がかなり高いとは思いますけど

実は、車両保険に入れない車があります。でも、車両保険に入れない車に限って、車両保険が必要だったりするんですよね。上手くいかないものです。

倒木が高級車を潰してしまった

2014年に、倒木が高級車を潰すという記事が載っていました。

記事によると、倒木がトヨタ2000GTという車を潰したのだそうです。高さ30メートルもある巨大なブナの木だったのだとか。1

このトヨタ2000GTという車ですが、相当プレミアがつく車なのだそうです。1970年に生産が終了している車で、わずか300台しか生産されていないのだと言います。過去には1億円以上でオークションで落札されたこともあるのだそうです。

車両保険に入っていれば救われる

高さ30メートルもの大木に潰されたとなると、この車は廃車にするしか無いでしょう。気になるのは自動車保険か何かで、損害は補償されるのでしょうか。

どうやら、車両保険に入っていさえすれば、損害に応じた保険金が支払われるようです。ただ問題なのは、1970年に生産を終了した車の車両保険に入れるかです。

対人賠償責任保険とか対物賠償責任保険には、当然ですが入ってる可能性が大きいでしょう。でも、車の価格が1億円もするような車の車両保険に入っている可能性は大きくなさそうです。というか、車両保険は契約してくれない可能性があるのです。

入れるとしても保険料はとんでもなく高くつく

繰り返しますが、問題なのは、この車が車両保険に入れるかです。そして、仮には入れた場合、保険料がいくらになるかです。

そもそもこんな古い車だと、車両保険に入れるかどうかも疑問です。保険会社としても個別対応になるのでしょうね。車両保険の契約をしてくれる会社を探して、いくつか保険会社を渡り合わないといけません。

まず、いわゆる通販型の自動車保険だと、この車の車両保険の契約は無理かもしれません。例えばソニー損保では、車両保険に入れない例として、次のような例が挙げられています。

・ 初度登録(検査)年月から18年以上が経過しているお車
・ 車両保険金額(新価保険金額)が1,000万円を超えるお車
・ 車両料率クラスが9のお車(例:高級車・スポーツカーなど)

今回の車の場合、最初の2つが引っかかりそうですね。他社も似たようなものでしょうから、通販型は最初から無理だと思った方が良さそうです。3つ目の車両料率クラスに関しては、次のページをご覧ください。

仮に契約できる保険会社を見つけたとしても、保険料もとんでもないことになりそうです。例えば、200万円程度の車でも、数万円程度の車両保険の保険料はかかります。時価で1億円の車だと、一体いくらになるか想像もできません。数百万円単位になるのでしょうか。

実際にどの程度の額になるかは、正確なところはわかりません。でも、かなり大きな負担であることは間違いないでしょう。もともとの車をローンで買っていたとしたら、ローンの支払いに加えて保険料の支払いもあるはずです。結構大変な負担ですね。

運転するなら保険は必要でしょう

車庫にでも飾っておくつもりなら、車両保険が無くてもいいでしょう。でも、実際に運転をするのなら、保険はあった方が良いでしょう。

個人的には、車両保険の必要性は小さいと考えています。特に価格の安い軽自動車や中古車の場合は、入らなくても良いケースが多いでしょう。預貯金で対応できる部分も多いですし、ローンを組んでの再取得も可能です。

でも、価格が高い車の場合は、保険で対応するしかないでしょう。


車両保険は工夫の余地が大きい
  1. 巨木が倒れ「トヨタ2000GT」を直撃 オークションで1億円超! 保険も効かない?(J-CASTニュース)2014年6月9日 []

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。