損保ジャパンと日本興亜損保が異業種のみの中途採用制度を導入

損保ジャパンと日本興亜損保がちょっと変わった中途採用の制度を導入するそうです。どんな制度かというと、異業種からの人材を対象としているのです。1

異業種から積極的に採用する理由ですが、記事では次のように説明されています。

損保業界では自動車保険などの主力市場が頭打ち。メーカーやサービス業などで経験を積んだ「保険業界にない発想ができる人材」(採用担当者)を獲得し、新たな成長分野の開拓につなげる。

要するに、現状打破のために違う視点から物事が見られる人を探してくると言うことですね。損保業界自体は行き詰まっているので、何とかして現状を打破したいと言うことでしょう。

ちなみに求める人材には、次のような条件をつけています。

対象は保険以外の職務経験があることで、年齢や国籍などは問わない。採用担当者は「メーカーでヒット商品を開発したり、優れた販売促進や海外事業の立ち上げ実績を持つなど、保険を超えた視点を社内に持ち込んでほしい」と話している。

この条件を満たす人材って、それほど簡単に見つからないですよね。かなり良い条件を提示しないと、わざわざ転職したいと思わないでしょう。

どのくらいの条件で迎え入れるつもりでしょうか。かなり興味深いですね。

  1. 損保ジャパン・日本興亜「門外漢求む」 中途採用導入、新領域を開拓(産経新聞)2014年6月7日 []

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。