自動車保険の見直しについてのこの記事が役に立つ!| でもページ分割細かすぎ

自動車保険というのは、なかなか難しいものです。何が難しいかというと、自動車保険には自分で選ばないといけない事がたくさんあるのです。

対人賠償保険や対物補償は保険金額をいくらにするのか悩まないといけません。また、必須とは言えない車両保険・搭乗者傷害保険・自損事故保険・無保険車傷害保険といった補償をつけるかどうかでも悩みます。

もう一つ難しいのが、保険の必要性を判断するには、法律や判例の知識も必要だという点です。自動車保険というのは、基本的には、交通事故に備えるための保険です。そして、交通事故の処理と言うことになると、法律や過去の判例などが、どうしても関係してくるのです。

こうやって考えると、かなり専門的な知識が必要になる保険だと言えるでしょう。ですから、多くの人は、保険会社の用意したパッケージになった保険に入っておしまいにするわけです。

生命保険はそれほど難しくない

ちなみに、生命保険会社の保険は意外と簡単なんです。

例えば、死亡保険1 だったら、契約するかしないかというのと、保険金額くらいしか決めることがありません。細かい特約もいろいろありますが、基本的にはあっても無くてもどっちでもいいものがほとんどです。

生保会社の商品でもう一つ大きいのが医療保険ですが、これも契約するか否か以外は、入院日額と1回の入院日数の限度を決めるだけです。それほど迷うことはありません。

これと比べると、自動車保険はかなり複雑だと言って良いでしょう。

自動車保険の基本的な考え方を学ぶべる記事

そんな難しい自動車保険について、基本的な考え方を示している記事を見つけました。これから自動車保険を選ぶ人も、自動車保険を見直す人も参考になると思います。

基本的なことしか書いていないですけどね。それでも、目を通す価値はあると思います。

個人的に気に入っているのが、「過失割合」や「自賠責保険の補償範囲」についても言及している点です。自動車保険に関するサイトを見ても、これらの説明はあまりされていないことが多いですからね。任意保険の説明で終始しているものが多いです。

ただ、このサイトでちょっと気になるのが、ページの分割がやたらと細かいことです。率直に言って、こまぎれすぎてちょっと読みにくいです。そこまで細かく分割しなくても良いと思うのですけど。

  1. 死亡保険というのは、世間的に言ういわゆる生命保険のことです。誰かが無くなったら保険金がもらえるというタイプの保険ですね。 []

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。