対物賠償責任保険も絶対に必要

前のページに書いたとおり、対人賠償責任保険は絶対に必要な補償です。それと同じく、対物賠償責任保険も絶対に必要な保険です。

ちなみに対物賠償責任保険というのは、交通事故で壊したものに対する損害賠償に備えるための補償です。

ここで重要なのは、単純に壊れたものを修理することだけを意図しているわけではありません。物が壊れたことに対して営業できなくなった場合の損害などにも備えます。

例えば、車が小売店に突っ込んで店舗を破壊したとします。こんな場合は、当然ですが、営業が出来なくなってしまいます。その損失は、単に店舗の修理に必要なコスト分ではないですよね。店舗をなおす期間には営業が出来ません。この部分の遺失利益も損失なのです。この部分の賠償責任を負う可能性も有るわけです。

対物賠償責任保険は絶対に必要

店舗を壊したくらいなら、もしかしたら、ある程度預貯金で対応できるかもしれません。しかし、その期間の遺失利益まで払うとなると、かなりの額が要求されるのは確実でしょう。

こういうリスクがあることを考えると、対物賠償責任保険は必須です。しかも、保険金額は無制限にしないといけません。無制限にしておかないと、高額の損害賠償に備えることが出来ません。

ちなみに、損保ジャパンの場合は、93.6%が保険金額を無制限で契約しています。また、ソニー損保の場合も、95.1%が無制限で契約しています。対人賠償責任保険ほどではありませんが、無制限で契約している人が多いわけです。


自動車保険は必要か?要らない補償は無いの?

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。