いくらまでなら自動車保険を使わないで処理をした方が良い?

別のページでも書きましたが、事故を起こした時に自動車保険を使って処理をすると損をすることがあります。常識的には考え辛いかもしれませんが、実際問題として、保険を使わない方が良いケースも多いのです。

なぜそんなことが起こるかというと、自動車保険を使うと翌年以降の保険料が上がるからです。ですから長期的に見ると、保険を使わないで自腹で処理をした方が良いケースも多いわけですね。

いくらくらいまでなら保険を使わない方が良い?

ここで問題になるのは、いくらくらいまでなら保険を使わないで自腹で処理をした方が良いかでしょう。大体の目安は理解しておきたいものです。

これを調べる時に便利なのが、ソニー損保のサイトのツールです。事故を起こした後に自腹で処理をした場合と保険を使った場合で、以降6年間の保険料がどの程度違うのか概算で計算してくれます。このツールを使って、いくつかのケースで検証してみましょう。

まず、年間の保険料が8万円で、ノンフリート等級が12等級という場合で調べてみましょう。この場合に3等級ダウン事故で自動車保険を使うと、以降6年間の保険料の合計は次のようになります。

  • 保険を使った場合:447,000円
  • 保険を使わなかった場合:588,000円
  • 差額:141,000円

ということで、事故以降の6年間の合計で見ると、保険を使わない方が14万1000円も保険料が安くなることが分かりました。つまり、このくらいまででおさまるのなら、自腹を切った方が有利なわけです。

次にノンフリート等級が高い場合を計算して見ましょう。同じく年間の保険料を8万円とし、事故を起こす前のノンフリート等級が20等級とします。起こした事故が同じく3等級ダウン事故の場合、以降6年間の保険料の合計は次のようになります。

  • 保険を使った場合:480,000円
  • 保険を使わなかった場合:629,000円
  • 差額:149,000円

これを見ても分かるように、20等級の場合でも14万円程度は保険料が高くなるようですね。

最後に、ノンフリート等級が低い場合です。年間の保険料を8万円とし、ノンフリート等級を6等級とします。起こす事故は、同じく3等級のダウン事故とします。この場合、以降6年間の保険料の合計は次のようになります。

  • 保険を使った場合:341,000円
  • 保険を使わなかった場合:502,000円
  • 差額:161,000円

等級が低い場合は、上の2つよりも若干差額が大きいようです。16万1,000円の差があります。とは言え、ビックリするほど大きな差とも言えないようですね。

もっとも、あまりに等級が低い場合、翌年の任意保険の契約を断られることがあります。事故を起こして下がったノンフリート等級だと、契約に応じてもらえないことがあるわけですね。

ですから、翌年以降の保険の契約のために、敢えて保険を使わないと言う判断をする場合もあるかもしれません。まあ、ケース・バイ・ケースだとは思いますけど。

大雑把に言って保険料の2倍ちょっとというイメージかな

今回の計算はあくまで概算ツールによるものです。ですから、正確にどの程度の差が出るかは分からない部分もあります。また、他社だと状況が違う部分もあるでしょう。例えばノンフリート等級の等級ごとの割引率は、保険会社によって微妙に違います。

ただ概算ツールの結果を見る限り、3等級ダウン事故の場合は、以降6年の保険料の合計が単年の保険料の2倍ちょっと割高になるというイメージで考えるといいのかもしれません。事故前の年間の保険料が10万円程度なら、保険金20万円までは自腹で処理するといった具合ですね。

実際の損得は、保険会社に問い合わせてみれば計算してもらえるでしょう。ただ、とりあえずのイメージとしては、こんな感じの認識でいいのではないかと思います。


【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。