どの都道府県で車に乗るかで保険料が違う

自動車保険の保険料は、車を運転する地域でも違ってきます。ちょっと以外に感じる人もいらっしゃるかもしれません。しかし実際に、保険料を決める際に主に運転する都道府県を考慮している損保会社は少なくありません。

例えば、イーデザイン損保のサイトの「保険料の決まり方」というページには、「主な使用地」という項目があるのです。

141

どの都道府県が安いのでしょうか

ところで、具体的にどの都道府県が安いのでしょうか。私たちとしては正確な数字を調べるのは難しそうです。ただ、MSN自動車というサイトの「保険料が安いのは?都道府県ランキング」を見ると、結果的に保険料が安い都道府県を見つけることは可能なようです。

それによると、年間の保険料平均が安いのは「佐賀県」「沖縄県」「宮崎県」の順番でした。以降、山梨県、徳島県、和歌山県、山形県、長野県、福井県、福島県の順番でした。なんだか、あまり人口密度が高くない都道府県が上位に来ている感じはしますね。

否かの方が事故が少ないという認識でいいのでしょうか?

単純に結論付けることは出来ない

「保険料が安いのは?都道府県ランキング」では、都道府県による料率の差がこういう結果になっているというふうに結論付けています。しかし、その推論は雑すぎますよね。

なぜかというと、自動車保険は補償をどうするかで、保険料がぜんぜん違うからです。地域に拠らず同じような補償をつけているのなら、MSN自動車の言うような結論で問題は無いでしょう。しかしおそらく、補償の手厚さにも地域差はあるはずなのです。

その検証をせずに、都道府県による差が保険料の平均を決めているするのは、議論としてあまりに雑すぎるわけです。


【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。