自動車保険の保険料はどうやって決まるのか

自動車保険の保険料はどうやって決まるのでしょうか。イーデザイン損保の場合を例に見てみましょう。

イーデザイン損保のサイトによると、自動車保険の保険料は次のように決まるのだそうです。

  • 前年走行距離
    イーデザイン損保の自動車保険は走行距離によって保険料が違うタイプの自動車保険です。前年度の走行距離によって決まるという特徴もあります。
  • 車種・型式
    契約する車の車種などによって、料率クラスが定められています。その料率クラスで保険料が違います。スポーツカーなどに乗っていると、特に保険料は高いようですね。
  • ノンフリート等級
    これはご存知の方が多いと思いますが、ノンフリート等級にって保険料は違います。1等級から20等級まで有り、等級が高いほど保険料は安くなります。
  • 運転免許証の色
    ゴールド免許だと保険料が安くなるというシステムをとっています。
  • 補償される運転者
    ドライバーが契約者本人だけ」なのか、配偶者も含むのか、それ以外の家族も含むのかなどで保険料が違います。当然ですが本人限定の場合が保険料は一番安くなります。逆に限定条件をつけない場合が保険料は一番高くなります。
  • 年齢
    自動車保険の保険料は、ドライバーの年齢でも決まります。もう少し具体的に書くと、運転する可能性のある同居の家族の中で、一番年齢が低い人の年齢で決まります。なぜこんな仕組みになっているかというと、年齢が低い人が事故を起こしやすいことは、統計的に分かっているからです。
  • 使用目的
    「主に日常・レジャー」「主に通勤・通学」「主に業務」の3つの区分があります。
  • 主な使用地
    どの都道府県で主に使用するかでも、保険料が違います。

この他の基準を採用している保険会社も

当然ですが、これ以外の基準を採用している自動車保険会社もあります。例えばソニー損保だと、運転暦も考慮して保険料が決まるのだそうです。あるいはアメリカンホーム保険会社だと、性別も考慮に入れて保険料を決めているようです。

ということは、保険会社によって基準が違うということですね。つまり、どういう基準を置いているかで有利不利がありうるということです。


【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。