自動車保険の更新を忘れた場合に自動更新されるのか?

自動車保険というのは、基本的に1年単位の契約です。ですから、毎年更新の手続きをする必要があります。

更新の手続きを忘れてしまうと、無保険の状態になってしまいます。保険に入っていないことに気づかないで運転するのは、大きなリスクですよね。ですから、絶対に避けないといけません。

ただ、年に1回のことだと、うっかり忘れてしまうこともありますよね。そんなことを避けるために、自動更新の仕組みがあれば便利だと思いませんか。実は一部の損保会社では、特に何もしなくても自動的に更新してくれる特約が付いてることがあります。こうした特約を使えば、自動車保険の更新を忘れるリスクがありません。

例えば損保ジャパンの場合、自動車保険の契約をすると「安心更新サポート特約」という特約が付いてきます。この特約のために、特に手続きをしなくても、自動的に更新することが可能なのです。

本来なら、自動車保険は年に1回程度は見直しをするべきでしょう。しかし現実問題としては、一番最初に契約する時以外は前年と同じ条件で契約する人が多いはずです。そうであれば、自動的に更新ができるというのは、非常に便利な仕組みですよね。

多くの損保会社で取り入れている自動継続とは全く違う仕組み

ちなみに、損保ジャパン以外でも、多くの損保会社で自動継続の仕組みは存在します。しかし、それらの特約は、損保ジャパンの「安心更新サポート特約」とは全く違う仕組みです。

損保ジャパンの特約では、断りをいれない限り、完全に継続手続きが済んでしまいます。しかし、他の保険会社の自動継続特約サービスでは、前契約の30日以内に契約すれば、前契約の満了日に契約したことに出来るという仕組みなのです。つまり、30日を越えて放っておくと、契約は切れてしまうのです。

小まめに見直したい人にはちょっと迷惑な仕組み

損保ジャパンの特約は、完全に自動に更新手続きが終わってしまうので、一見便利なように見えます。ただ、自動車保険を小まめに見直したいという人には不便な仕組みです。

別の保険会社に乗り換える時に、わざわざ解約の申し込みをしないといけません。でも、契約解除の連絡をするのって、あまり気が進まないものですよね。

まあ、特約自体は自分の意思で外すことが可能です。不要だと思ったら、特約を外しておいてもいいかもしれません。契約者の方の性格などによって、どちらが良いかは分かれるでしょうし。


【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。