バイクに車両保険は必要なのか?

法律用語ではバイクも自動車の一種です。ですから、当然、バイクにも自賠責保険もあれば、任意保険もあります。バイクの場合、任意保険は特にバイク保険と呼ばれます。

ただ、バイクの車両保険を付けるかどうかは、結構判断が難しいところです。どのように考えるのが良いのでしょうか。

バイクの車両保険は必要か?

バイク保険について

バイクも法律上の用語では「自動車」に該当します。ですから、自動車保険が存在します。

もう少し具体的に書くと、自賠責保険は四輪車の自動車と同様に強制加入です。また、四輪車と同じく任意保険があります。バイクの場合は、特に、バイク保険と呼ばれます。

バイクは通常の自動車保険には入れない

ただ、バイクは法律用語では自動車ですが、バイクが損保会社の、いわゆる「自動車保険」に入ることは出来ません。通常の自動車保険は、四輪車のみが対象になっています。特約でバイクに対する補償が付けられたりはしますけど。

これは、一般的な用語として「自動車」と言った場合、四輪の自動車を指すからでしょう。一般的な用語と法律用語が違うので、混乱するわけです。

バイクの場合はバイク保険に入る

それではバイクの場合は任意保険はどうするかというと、バイク保険という一般的な自動車保険とは別の保険に入る事になります。

バイク保険は、基本的には自動車保険の任意保険と同じしくみです。ただ、対象となるのがバイクという事です。

ちょっとややこしいですね。法律用語と一般の用語が違うために混乱するというのは、時々見られる問題ですけど。

バイク保険を扱わない損保会社も多い

ちなみに、自動車保険を扱う損保会社でも、バイクの任意保険がないという事もあり得えます。バイクは台数自体が少ないですから、商売としてはあまりおいしくないのでしょう。

ということは、バイク保険に入るには、まず、バイク保険を扱う損保会社を探す必要があるわけです。

車両保険が無いケースが多い

繰り返しますが、バイク保険の補償の内容は自動車保険と大体同じです。対人賠償責任保険や対物賠償責任保険、車両保険などの補償があります。

それぞれの補償を簡単に確認しておきましょう。

  • 対人賠償責任保険:人を死傷させた場合の損害賠償に備える補償
  • 対物賠償責任保険:他人の物を壊した場合の損害賠償に備える補償
  • 車両保険:事故でバイクが壊れた時の、修理費用のための補償

ただ車両保険に関しては、バイク保険を取り扱う保険会社の中でも、取り扱いが無いケースがあるようです。ですから、車両保険が必要な場合は、さらに苦労して探す必要があるのかもしれません。

  • バイク保険を扱わない損保会社がある
  • バイク保険を扱っていても、バイクの車両保険は無い場合がある

バイク保険の車両保険は必要か?

損保会社がバイク保険の車両保険を扱わない理由は定かではありません。

ただ、もしかすると、必要性が小さいために取り扱っていないのかもしれませんね。自動車(四輪車)と比べると、バイクの場合は、車両保険の必要性が小さいと考えられるのです。

対人賠償責任保険や対物賠償責任保険は、絶対に入った方が良い保険です。でも、それと比べると、車両保険の必要性はかなり落ちます。

車両保険は四輪車ですら必要性が小さい

そもそも車両保険というのは、自動車の場合ですら必要性は小さいケースが多いです。なぜ必要ないかというと、預貯金で対応できる可能性が大きいからです。

預貯金などで対処できるなら、保険は入らないというのが基本です。というのも、保険は手数料が高いので、確率的に考えると利用しない方が有利なのです。ですから、手持ちのお金で払えるなら、保険には入らないというのが保険の基本です。

ですから、余程の高級車を除けば、預貯金とローンで対応できる事が多いですよね。最悪買い換えることになっても、その時には自腹で買う位のスタンスの方が合理的なのです。

手数料の高い掛け捨て保険に入るより、いざというときには預貯金で対応する方が得なのです。ですから、価格が安い軽自動車では、車両保険は要らないという意見も根強いです。

まあ、あくまで理屈の上ではという話ですけどね。

一部の高級バイクを除いて車両保険は不要かも

さて、一般に、バイクというのは自動車に比べると金額的に高いものではありません。もちろん一部の高級バイクのような例外はありますけどね。

バイク自体の価格が高くないのであれば、預貯金などで修理する方が賢いわけです。必要があれば、預貯金を使って再取得も可能でしょう。特に小さいバイクなら、車両保険の必要性はほとんど無いといって良さそうです。

そしてバイク保険は、自動車保険同様、保険金を受け取ると翌年以降の保険料が上がるというデメリットもあります。ですから、車両保険に入っている場合でも、結局自腹で修理することも多いのです。車両保険は使い勝手が悪いわけですね。

車両価格が安いバイクでは、車両保険の必要性は小さい。

車両保険の分だけ貯金しましょう

こんなような状況ですから、基本的に車両保険は必要ないと考えて良さそうです。保険料の分だけ預貯金にまわすことをおすすめします。

もちろん、価格が高いバイクに乗っている場合は、車両保険に入るという選択肢もありうるでしょう。そのあたりは、ケース・バイ・ケースだとは思います。ただ、基本スタンスとしては不要ということで良いでしょう。

あ、もちろん、バイク保険自体は入るべきですよ。対人賠償責任保険や対物賠償責任保険は、絶対に必要だと考えてください。万が一加害者になった時に、保険が無いと大変なことになります。


損保4社のバイク保険を一括見積

ズバット バイク保険比較なら損保4社の見積もりをまとめて取ることが出来ます。共栄火災、チューリッヒ保険会社、アクサ損害保険、三井ダイレクト損保の4社です。

ちなみに、このサービスを提供する株式会社ウェブクルーは、自動車保険の一括見積でおなじみの保険スクエア bang! などを運営する会社ですね。

一括見積は各社の比較ができて非常に便利です。バイク保険を考えている人は、ぜひご利用ください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。