自動車保険の更新を忘れている期間に事故を起こした場合どうなるのか

自動車保険の更新を忘れたら、無保険の状態になります。そんなときに事故を起こしたら、自賠責を越える部分に関しては、自分で対応しないといけません。

でも、自動車保険の更新をうっかり忘れてしまうというのはあり得る話ですよね。何か対処する方法は無いのでしょうか。

1か月間は事故を起こしても補償される仕組みも

イーデザイン損保などの損保会社では、実は、1か月以内なら更新を忘れても補償が続くという特約が付いています。もう少し正確に書くと、契約満了から1か月間に処理をすれば、契約満了日さかのぼって更新されたことになります。ということは、結果的に、契約満了後の事故であっても保険金の支払いの対象になるわけです。

同じ東京海上系の東京海上日動でも、類似の仕組みがあります。「うっかりサポート」という仕組みです。東京海上日動のサイトには、次のような説明があります。

  • うっかりサポートについて
    万が一の更新忘れ、年齢条件の変更忘れ、または家族限定特約や本人・夫婦限定特約の変更忘れの場合も、サポートします。

    • 更新契約の取扱いに関する特約
      更新手続きを「うっかり」忘れてしまっても、一定の条件を満たす場合には、前契約の満期日の翌日から起算して 30日以内の事故に限り、前契約と同条件で補償します。しっかり更新サポートの対象外となるご契約(東京海上日動から自動更新されないことをご連絡したご契約を含みます。)に適用されます。

自動的に更新してしまう特約も

一部の損保会社では、自動的に自動車保険の契約を更新してしまう特約もあるようです。更新を忘れるのが心配な人は、こういった特約を利用しても良いでしょう。

保険が無い状態は危険なのでしっかり確認を

何にしても、自動車保険に入っていない状態はとても危険です。万一の事故を起こしたときに、人生を狂わせる可能性だって小さくはありません。

そもそも、年1回の更新を忘れないようにすることが大事なのは、言うまでも無いでしょう。


【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。