自動車保険の更新を忘れた場合、ノンフリート等級はどうなるのか

自動車保険の更新を忘れた場合、ノンフリート等級はどうなってしまうのでしょうか。完全にリセットされて、6等級で契約しなおさないといけないのでしょうか。

自動車保険というのは、原則として1年単位の契約です。うっかり更新手続きを忘れるということもが起こっても不思議ではないですよね。重要なことですから、確認しておきましょう。

7日以内なら以前の契約を引き継げる

まず、7日以内に更新された場合は、ノンフリート等級は無条件で引き継ぐことができます。これは他社との契約でも大丈夫です。

一般的には30日まで大丈夫

7日以内に更新が出来なかった場合は、30日以内に手続きできるかどうかがポイントになる事が多いようです。自動車保険の契約では、「保険契約の継続に関する特約」が付いていることが多いです。どんな特約かというと、更新手続を忘れてしまった場合でも契約は継続されるというものです。

放っておいても自動的に更新をしてくれるところもありますし、正式に更新をするには契約の満了日から1か月いないに手続きをしないといけないところもあります。何にしても、こうした特約が付いていれば、1か月以内に更新手続きが出来れば以前の契約が引き継げるわけです。

ちなみに継続に関する特約は、同じ保険会社で契約することが前提です。他の保険会社を使う場合は、等級を引き継ぐ事が出来ないのです。この点は注意が必要です。

一例を示しましょう。「保険契約の継続に関する特約」は、ソニー損保の重要事項説明書では、次のように説明されています。一ヶ月以内の入金が必要なというのが重要なポイントのようですね。また、自分の意思でこの特約を外すことが可能というのも知っておいた方がいいかもしれません。

139

なんにしても、保険会社によって対応が違うので、自分の保険を確認しておいた方が良さそうです。

自動車保険の契約を忘れた場合は、早めに手続きを

細かい契約に関しては個々での確認が必要ですが、一般的には1か月以内に対処できれば問題なく継続できる事が多いようです。実はこの1か月間に事故を起こした場合も、保険が適用されるというケースもあります。

とは言え、更新を忘れていることに気づいたら、早めに手続きをすることをおすすめします。すぐに保険会社と連絡をとりましょう。

マイナスの情報は13ヶ月消えない

ところで、等級が低い人の場合は、1か月待てば情報が消えるのでしょうか。だとしたら、意図的に1か月空けて、等級を6等級にしてから契約した方が有利なケースもありますよね。

残念ながら、この方法は使えないようです。というのも、ネガティブな情報に関しては13ヶ月は消えないことになっているからです。1年以上待つ必要があるわけです。


【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。