自動車保険として個人賠償責任保険に入ることを検討しよう

別のページでも書いているように、自転車保険として商品化されている保険に入ると、保険料が高くなりすぎます。また、自転車の事故で人を死なせてしまうような確率もそれほど大きくありません。

むしろ、人をケガをさせたりモノを壊したりするリスクに備える事を優先して保険の加入を検討した方が合理的でしょう。自分が加害者になる死亡事故にもある程度対応でき、人にケガをさせたり人の物を壊したりするリスクに備える保険は無いのでしょうか。

個人賠償責任保険の利用を検討すると良いでしょう

自分が加害者になる自転車の事故で使える便利な保険があります。個人賠償責任保険という保険です。

個人賠償保険というのは、前の通り、個人が損害賠償責任を負うのに備える保険です。人のモノを壊したり人にケガをさせたような場合の賠償金を補償してくれる保険なのです。

個人賠償責任保険は自転車での事故でも利用できますから、自転車保険として使うことが出来るのです。また、死亡事故を起こしてしまったような場合でもほとんどの場合で対応できます。

ただ残念なことに、個人賠償責任保険に単体で入るのは難しくなっているようです。月々100円とか200円とか言う感じの保険なので、損保会社としても積極的に販売するメリットが無いのでしょう。

今でも単体で扱う一部の損保会社があるというネット情報は見つけました。ただ、サイトなどをざっくり確認してみた限りでは見つけることが出来ませんでした。あまり積極的に販売する気は無いのでしょう。

はっきり言って、保険会社にとっては儲かるような保険ではありませんからね。保険料が安いので、手間の方が大きいくらいかも。

ではどうすれば良いかというと、2つ方法が考えられます。

クレジットカード会社を通して契約できる事も

一つがクレジットカード会社を通して契約するという方法です。カードのおまけについてくるものではなく、カードの会員が追加費用を払って個人賠償責任保険に入るという形をとります。

例えば、流通系のカードであるイオンカードでこのサービスを行っているようですね。イオンカード自体の年会費は無料で、月々240円の保険料を追加することで個人賠償責任保険を付けることができます。年間3,000円弱の費用で自転車保険に入れることになります。

ちなみに、家族全員が補償されますから、月々240円で家族全員の自転車での事故をカバーできると言うことです。そう考えると、決して高くは無さそうです。

支払い限度額は1億円ということなので、事故の加害者になった場合でも、大体のケースはカバーできると考えて良いでしょう。ただ、人を死なせてしまうような事故だと、若干不安な気もしなくはありませんけどね。

契約しているクレジットカードのカード会社を通して、個人賠償責任保険の契約が可能です。

自動車保険や火災保険の特約として付けられるケースも

もう一つのケースが、自動車保険や火災保険の特約としてつけると言うものです。全ての自動車保険や火災保険が対応してるわけではありませんけどね。

ちなみに、特約として付ける場合の保険料にはかなりのばらつきがあるようです。年間500円程度で済むものもあれば、1万円近くの保険料の支払いが必要なケースもあります。

自動車保険の特約として個人賠償責任保険に入れるケースもあります。

自転車保険に入るより個人賠償責任保険に入りましょう

率直に言って、自転車保険として販売されている保険は、ちょっと使いにくいように感じます。余計な機能がたくさんついているので、かなり割高になっているのです。

保険会社としてはある程度は保険料を高くしないと、商売としてメリットが無いのでしょうけどね。私たちにとっては、あまりいいニュースではありません。

それだったら、個人賠償責任に入って、自分が加害者になるケースに対処するのが賢い選択でしょう。

自分が被害者になるケースが不安だという人もいるかもしれません。ただ、基本的には、自分が加害者になるのに対処するだけで十分です。

なぜ自分が被害者になるケースの考慮は要らないかというと、他の保険がたくさんあるからです。公的な健康保険や年金も使えますし、自身の死亡事故に備えたければ生命保険もあります。

自分がケガをしたり死んでしまうのって、交通事故だけではありませんよね。そうであれば、交通事故だけに特化した保険を選ぶのではなく、その他のケースでも使える保険を選ぶ方が賢いのです。

自転車保険に入るより、個人賠償責任保険に入りましょう。


【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。