再生医療を対象とした保険が登場| 患者向けでは無く専門会社向けの損害保険ですけどね

2014年10月から、再生医療を対象とした保険が、損保各社から発売されるのだそうです。とは言っても、この保険は企業向けの保険です。

2014年11月から、細胞の培養を民間の専門会社が行えるようになります。今回発売される保険は、この専門会社が入る形になるわけです。万が一事故がおこって患者に対する賠償責任を負ったときに、この保険会社に保険金が支払われる仕組になっているわけです。1

ちょっと驚きました

率直に言って、このニュースにはちょっと驚きました。再生医療って、事業化できたり関連産業が動き出すくらいまで技術が進んでいるんですね。患者に対する賠償責任と言う話まで来ているということは、実際の患者を使って研究する段階まできているということですからね。

それにしても、この保険のリスクの見積もりって、どうやってやっているのでしょうか?他の保険なら膨大な過去のデータの蓄積があるので、保険料を決めるのは難しくありません。でも、まったく実績が無いものに対しては、保険料って決めようが無いはずなんですよね。しばらくの間は、ちょっと高めにリスクを想定して対応するのかな。

  1. 再生医療普及へ新保険…培養事故など補償(読売新聞)2014年9月14日 []

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。