地震や津波と保険と相性が悪い

自動車保険の車両保険では、洪水や大雪などの自然災害による損害でも補償の対象にしています。しかし、地震や津波などによる損害は、補償の対象外です。同じ自然災害でも対応が分かれる理由は何なのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

統計的に処理しにくいものは苦手

まず、そもそも論として、保険と言うのは自然災害の補償が苦手です。これは保険料がどうやって決められるかを考えると、わかりやすいでしょう。

保険料と言うのは、過去の保険事故の発生確率をもとに決めることが出来ます。でも、保険が必要なほどの自然災害って、どの程度の確率でおこるかは想定しにくいですよね。例えば、人が何人も亡くなるような津波が起こる確率なんて、過去のデータが少なすぎて、はっきり言ってわからないですよね。

損害が大き過ぎるものは苦手

保険がもう一つ苦手なのが、大災害を補償することです。

これが苦手な理由はとても理解しやすいはずです。大災害が起こると保険金の支払がとんでもないことになります。そうすると、保険会社は倒産してしまいます。例えば車1台が完全に壊れたときには、平均で100万円の保険金が支払われるとします。もし1万台が被害にあったとすると、100億円の損害です。

まあ、このくらいだったら、まだ対処可能かな。でも、もう一桁か二桁被害が増えたら、保険会社もやばいですよね。実際、東日本大震災の時には、津波により23万台の車が被害にあったのだそうです。ということは、災害が起こる地域や規模によっては、数十万台とか数百万台の被害もあり得ない話では無いわけです。東日本大震災クラスの津波が東京や大阪に来たら、数百万台レベルの車が被害にあうことでしょう。

こういった大災害で倒産という可能性を排除するために、損保会社は地震や津波による損害を補償の対象から外しているのです。

一方で、雪害や洪水の場合は、被害があってももう少し限定的ですよね。ですから、雪害や洪水に関しては、自動車保険でも補償されるわけです。


【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。