車両保険を付けないと言う選択も可能です| 大きな節約につながります

車両保険は不要なケースも多いようです。車両保険の保険金額が小さいような場合は、思い切って車両保険を付けないという選択をしてもいいかもしれません。それだけで、保険料はかなり安くなるでしょう。

もちろん、必要な補償なら付けないわけにはいきませんけどね。不要であるのなら、外しても問題無いわけです。

車両保険を付けないという選択も可能

車両保険は自動車保険の中で工夫の余地の大きい補償であると言えるでしょう。

「限定+A」という補償内容を絞ったプランにすると保険料を節約できます。あるいは、免責金額を大きくすることでも、保険料を安くすることが出来ます。

さらに言うと、一番大きく節約しようと思えば、車両保険をつけない無いという選択すらあり得ます。

車両保険に関する節約には、様々な方法がある。思い切って付けないという手も。

車両保険をつけないとなると、何か不安な感じもしますよね。それでも、車両保険をつけてもあまり意味が無いというケースも多いのです。

不要だと思えば大胆に切ることも考えて良いでしょう。

何となく不安だからと高い保険に入るのは、必ずしもいい選択ではありません。本当に必要かどうかを見極め、不要なら切ってしまうのも賢明な行動です。

車両保険をつけなくても良い理由

車両保険の保険金額(事故で車が壊れた時の保険金の額)の上限は、どの車でも同じではありません。基本的には、同じ条件の中古車の価格ぐらいだと思っておけば、大体の金額は分かるでしょう。

つまり、車種や販売からの時間などで大きく変わります。中古車の価格と同じで、新車の時に保険金額が大きく、時間の経過と共に保険金額の上限が下がっていくと考えておくと良いでしょう。

仮に車が大破して修理に100万円かかるとしても、中古車の価格が50万円なら50万円前後の保険金しか支払われないのです。ということは、中古車の場合は車両保険の保険金額の上限がかなり小さくなる可能性もあるわけです。

例えば、保険金額の上限が30万円くらいなら、わざわざ車両保険に入る必要性は小さいでしょう。車両保険に入らず何かあったら自腹で対応すると言う選択も可能ですから。

手数料を考えたら必要が無ければ入らない方が賢い

自動車保険に限らず、そもそも掛け捨て保険というのは、手数料が高いものです。保険料の半分近くが手数料と言うケースも珍しくありません。

そんなに手数料が高いとしたら、車両保険なんて入らない方が賢いんですよね。保険金額が100万円をしたまわるようなら、本当に必要かどうか考えてみるようにしましょう。

車両保険の保険金額は事前に確認することが可能です。どの程度の保険金が出るのか確認した上で、保険金額も比較し決めるのが良いでしょう。

預貯金で対処可能なら保険に入らないのが基本

自動車保険に限らず、掛け捨ての保険と言うのは、預貯金で対処できる金額なら入るべきではありません。具体的にいくらというのは人によって違うのですけどね。

その理由は、上に書いたように、保険は手数料が高いからです。これは次のように考えると分かりやすいでしょう。

例えば1,000円である家電の保険に入れるとします。この保険の手数料は、保険料である1,000円の半分だとしましょう。そうすると、確率的には、あなたが受け取る保険金額は500円です。

500円のために1,000円の保険に入るなんて、かなりバカバカしい事ですよね。宝くじでも買うようなものですから。

万が一の時に大きな損失が予想されるなら、確率的に損だと分かっていても、保険には入らないといけないことがあります。火災保険とか、自動車保険の対人賠償保険はこのタイプの保険です。

しかし、万が一の時の損失がそれほど大きくないなら、その保険は不要なのです。そして、自動車保険はそのタイプの保険である可能性があるわけです。なぜかというと、車によって保険金額が全然違うからです。


車両保険は工夫の余地が大きい

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。