未成年も自動車保険に入れるが、保険料は高くつく

自動車の運転免許の取得は18歳から可能ですから、未成年が車に乗るケースもあります。ただ、この場合、未成年は自動車保険に入ることが出来るのでしょうか。

もちろん、全員が入らないといけない自賠責保険は、当然入れるはずです。しかし、個人が自分の意志で入る任意保険だと、断られる場合もありそうですよね。

ちょっと調べてみましょう。

任意保険に入ることは出来るが保険料が高い

まず、未成年でも、自動車保険の任意保険に入ることは可能です。さすがに、未成年だからとう理由で断られることは無さそうです。

しかし未成年の場合、とても不利であるのも事実です。自動車保険の保険料が非常に高くなるからです。

未成年でも任意保険には入れます。ただ、未成年が歓迎されていないのも事実なようです。

ちなみに、未成年が自動車保険の保険料が高い理由はとてもシンプルです。未成年の方が事故を起こす可能性が大きいので、保険料も高くしないと割に合わないのです。未成年だからと言って、根拠のない差別をしているわけではありません。

未成年に限らず、一般的には、若い人は事故を起こしやすい傾向があるようです。そのため、成人していても若い人は保険料が高くなる傾向にあります。例えば、SBI損保では、次のように運転者の年齢条件による特約があります。

  • 35歳以上補償
  • 30歳以上補償
  • 26歳以上補償
  • 21歳以上補償
  • 年齢を問わず補償

当然ですが、一番上の35歳以上補償が一番保険料が安いわけです。

家族の自動車保険に入る場合も未成年がいると保険料は上がる

自動車保険は一人一人が契約するのではなく、車一台ごとに契約するのが基本です。ということは、未成年の場合は、家族の車に乗るというケースの方が多いでしょう。

実はこの場合も、運転する家族に未成年がいると保険料が高くなります。例えば、運転者を「運転者家族限定」や「運転者限定なし」とした場合、本人、配偶者およびその同居の親族の中で運転をする最も若い方の年齢に合わせて、年齢条件を設定します。

ということは、同居の未成年の子供が運転する場合は、子供の年齢で自動車保険を契約することになるという事です。ですから、家族の自動車保険を使うような場合でも、保険料が高くなるわけですね。

未成年が別居している場合は保険料は高くならない

ただ、未成年が家族とは別居しているような場合は話は別です。というのも、自動車保険の年齢条件は「本人、配偶者およびその同居の親族」の中で一番若い人に合わせて設定するからです。

例えば子供が大学生で一人暮らしをしているような場合は、このケースが考えられますね。夏休みや冬休みなどの長期の休みの期間だけ帰ってきて車に乗るようなケースなら、この子供の年齢は問題にはならないわけです。

もっとも、かなり限定的なケースだとは思いますけどね。

自動車保険は未成年には負担が大きい

このように、自動車保険は、未成年にとっては負担の大きい仕組みであると言えます。もちろん、未成年に事故が多いという事実があるわけですから、致し方ない部分ではありますけどね。

最近は、以前ほどでは無いでしょうが、高校を卒業したら自動車の運転免許を取ろうという人もいるでしょう。でも、単純に経済的な負担だけを考えたら、免許の取得はもうちょっと待っても良いのかもしれません。

ただ、学生のうちの方が時間が取れるので、免許を取得しやすいという事もあるでしょう。ちょっと難しいところですね。


【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。