未成年の子供が交通事故を起こしたら親の責任はどうなる?

未成年が交通事故の加害者になることは、十分に考えられます。未成年でも車やバイクには乗りますし、自転車が交通事故の加害者になることだってあり得ます。

それでは、未成年が加害者になった場合、親の責任はどうなるのでしょうか。未成年は支払い能力が無いので、被害者は親に責任を追及できるのでしょうか。子供の事故で親が責任を負うようなケースはあるのでしょうか。

未成年が交通事故の加害者の場合、親の責任はどうなるの?

未成年が交通事故の加害者になる事は、十分に考えられます。16歳で原付などの免許を取れますし、18歳で自動車の免許を取れますから、実際に未成年が加害者になる事故は起こっています。

それどころか、小学生が乗る自転車が歩行者と接触して、歩行者が亡くなるという事故もありました。小学生が死亡事故の加害者になる可能性もあるわけです。

さて、このように未成年が加害者となる交通事故では、親の責任はどうなるのでしょうか。もう少し具体的に言うと、未成年の事故が原因で、親が損害賠償の責任を負う事があるのでしょうか。

未成年には賠償金を支払う能力がありませんから、追及するとしたら親しかありませんよね。

未成年が加害者となる事故で親が賠償責任を負う事はある

未成年が加害者となる事故で、親が損害賠償の責任を負うような事は、実際に起こり得ます。例えば、上で挙げた平成20年の小学生が加害者となった自転車の事故では、1億円近い損害賠償をしないといけません。

ですから、未成年が加害者となる事故で賠償責任を負う事は、十分にあると考えておいた方が良いでしょう。

もっとも、原則としては、加害者本人にしか請求することはできません。つまり、未成年に対して請求するしかないのです。これが基本です。

しかし例外的に、親が賠償責任を負うというケースもあるわけですね。

小学生以下だと親の責任が重い

更に厳密に言うと、子供が小学生以下か中学生未満かで、判断は大きく分かれるようです。1

まず子供が小学生未満の時には、子供の両親が「監督義務を怠らなかったこと」を立証すれば法的責任を免れることが出来るのだそうです。

それに対して中学生以上の子供が事故を起こした場合は、加害者の両親が監督義務を行ったことを被害者が立証しないといけません。そうしないと、加害者の両親に対して損害賠償請求はできないそうです。

これは、小学生以下の子供は責任能力が無いと見なされるため、監督義務者である両親が責任を負うというルールがあるためです。

被害者が立証するのか加害者が立証するのかでは、かなり大きな差があると考えて良いでしょう。「監督義務を怠らなかったこと」の立証はかなり困難なようです。

小学生と中学生で、明確に線が引かれるわけでは無いようです。ただ、そのあたりで判断に分かれ目があることは理解しておいた方が良いでしょう。

  1. 次のページを参考にしました。

    []


事故車だって買い取ってもらえる

事故車でも買い取ってもらえるサービス

通常、事故車を廃車にするときには、お金を払って処分してもらうことになります。しかし、事故車でも買い取ってくれるサービスもあるようです。

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。