そもそも示談って何だ、自動車保険があっても自分でするのか?

交通事故につきものなのが「示談」です。でも、示談っていったい何なのでしょうか。

もちろん言葉を聞いたことが無いという人は少ないでしょう。でも、正確な意味が分かっているかというと、ちょっと不安という人もいるように思います。

とりあえず、そこから確認してみましょう。

示談とは

大辞泉によると、「示談」というのは次のような意味なのだそうです。

話し合いで決めること。特に、民事上の紛争を裁判によらずに当事者の間で解決すること。「示談が成立する」

要するに、裁判に持ち込まないで手打ちをすることを示談と言うわけです。一般に、交通事故の処理では、裁判にならずに示談で済ませているケースがかなり多いようですね。

逆に言うと、示談交渉で手打ちができなければ、裁判になってしまうわけです。そうなると、かなり面倒ですね。

示談とは、裁判になる前に決着すること。逆に言うと、示談交渉がまとまらないと、裁判になる。

示談交渉って誰がするの?

示談交渉をするということは、話し合いをして妥協点を見つけるという事です。モノが壊れたり誰かがケガをするような事故なら、加害者と被害者が話し合わないといけません。誰かが亡くなるような事故なら、加害者と被害者遺族の話し合いという事になるでしょう。

でも、この話し合いって、結構難しいですよね。通常は加害者も被害者も法律の素人ですから、どんな点について話し合えば良いのかわかりません。

それに、そもそもこの話し合いって、自分でしないといけないものなのでしょうか。自賠責ではなく任意の自動車保険に入っているような場合は、保険会社が代わりにやってくれないのでしょうか。

実は自動車保険に入っている場合、保険会社が代わりに示談交渉にあたってくれます。プロが対応してくれるので、素人同士が話し合って泥仕合になるようなケースは、避けられる可能性が大きそうです。

任意の自動車保険に入っている場合、保険会社が代わりに示談交渉をしてくれる。

自分で示談交渉をすることも可能だが

一応、自分で示談交渉をすることも可能なようです。ただ、保険会社としてはあまり勧めていなようですね。

本人が示談交渉を行った場合、示談の内容によっては、保険金が支払われないケースすらあります。ま、そりゃそうですよね。勝手に話をつけてきて、金だけ払えと言われても、保険会社としても困ってしまいます。

交渉を保険会社がするということは、自分で示談交渉をしてはいけないという事です。この点は注意が必要です。

保険会社が示談交渉をできないケースも

ただ、そうは言っても、保険会社が示談交渉を担当できなケースもあるようです。イーデザイン損保のサイトには、次のような記述がありました。1

ただし、次のような場合は、示談代行サービスをご提供できません。
・補償の対象となる方(被保険者)に責任がない場合
・弊社との交渉について、相手方からの同意が得られない場合
・対物賠償責任保険の契約がない場合の対物賠償事故
・賠償責任の額が、保険金額を明らかに超えている場合
・自賠責保険などのご契約が締結されていない場合の対人事故 など

「補償の対象となる方(被保険者)に責任がない場合」というのは、いわゆる「もらい事故」というやつですね。こういう場合は、保険会社は示談交渉できないようです。保険会社が示談交渉をすると弁護士法に抵触するのだとか。2

また、相手方の同意が無い場合も、自分で交渉するしかないようですね。主な場合は、この2つでしょうか。

保険会社が示談交渉をできないケースもある。

  1. 示談交渉は保険会社で行ってもらえますか? []
  2. ソニー損保トップよくある質問自動車保険示談交渉は自分でやらなければいけないのですか []

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。