自動車保険の新規契約をするタイミングっていつが良いの?

新車にしろ中古車にしろ、車を新しく勝った自動車保険の契約をすることになります。でも、自動車保険の契約っていつしたらいいのでしょうか。

納車日に補償が開始するようにしたい

前のページで書いたように、納車前に自動車保険の契約をすることも可能です。とは言え、あまりタイミングが早すぎると、車検証のコピーが貰えなかったりするわけですね。

かといって、納車後に自動車保険の契約をするのでは遅すぎます。保険に入っていない状態で運転するか、保険に入っていないので運転できないかという話になるからです。

契約のタイミングとしては、遅くとも、納車日に補償が始まるようにしたいですよね。さて、そのためには、自動車保険は契約するのが良いのでしょうか。ちょっと具体的に考えてみましょう。

自動車保険の申し込みから補償の開始までは時間がかからない

自動車保険を申し込んでから補償が開始するまでの期間は、保険会社によって異なります。ただ、申込から補償の開始までは、それほど時間がかかるわけではありません。

ダイレクト型(通販型)の場合、最短で申し込みの翌日から補償されるというケースが多いようです。代理店型の場合はさらに短く、対面での申込の場合、即日で対応可能です。

ということで、納車の前日までに手続きができれば問題は無さそうです。

ただ、人によっては、自動車保険の契約を断られるケースもあるようです。例えば、ノンフリート等級が低い人の場合ですね。

こういうケースもあるので、多少の余裕は見ておいた方が良いかもしれません。

保険の比較には多少時間がかかる

契約すれば短期間で補償が開始するとは言っても、納車の前日に車検証のコピーを貰って契約をするのでは、若干あわただしすぎるでしょう。というのも、どんな補償をつけるかとか、どの保険会社にするかという検討には、それなりに時間をかける必要があるからです。

ただ、車検証が無いと自動車保険選びもスムーズにはいきません。車を購入した場合は車検証が無いので、販売店に事前にコピーを貰うように手配をする必要があります。

ということは、車の契約をしたら、なるべく早く車検証のコピーを用意してもらうように、販売店の営業に頼んでおくのが良さそうですね。そのコピーを使って、遅くとも納車の前日までに自動車保険の手続きを済ませるという流れになりそうです。

こうやって考えると、納車の1週間前前後というのが一つの目安になりそうですね。そのくらいに準備をすれば、十分間に合いそうです。

ただ、補償について検討したい人は、もっと早く準備をする方が良いとは思いますけど。


【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。