交通事故の素因減額って何だ?保険金に影響するの?

持病を持っている人が交通事故で入院し、入院が長引いたとします。こういうケースでは、交通事故が原因のケガで入院が長引いているのか、持病が原因で入院が長引いているのか分かりませんよね。

こんな時、保険会社としては、ずっと入院費用を出し続けるわけにはいきません。保険金を出し渋る事もあるようです。

「素因減額」って知っています?

素因減額という言葉をご存知でしょうか。多くの人には聞きなれない言葉ではないかと思います。

交通事故の被害者の中には、事故の前から疾患がある人が少なくありません。なにせ、交通事故の被害者の多くは高齢者ですから、健康に不安がある人だって多いはずですよね。

その既存の疾患のために治療期間が長引いたり、重い後遺障害が発生することもあるでしょう。こういう場合に、損害賠償請求が減額されるケースがあります。こういうのを素因減額というのです。

保険会社が保険金を出し渋るケースも

さて、保険会社の中には、これを使って損害賠償の減額を主張するケースもあるようです。事故とは別の原因の疾患が無ければここまで入院が長引くことは無かったなどと言って、保険金を出し渋るわけですね。

保険会社としては、少しでも保険金を抑えたいと考えるのが自然です。ですから、こういう主張をすること自体は、ある程度理にかなっているとも言えます。

被害者は自分で保険会社と交渉しないといけないことも

被害者に過失がない、いわゆる貰い事故の場合は、損保会社が交渉することができません。本人が加害者側の損保会社と交渉するしかないわけですね。

交通事故の被害者は、一般的には、保険会社ほどは事故処理に関する知識は持っていません。ですから、保険会社に言われるがままに減額に応じるというようなケースも少なくないのでしょうね。

弁護士を使うのがベストでしょう

こういうケースでは、弁護士の力を借りると良いのでしょうけどね。なかなか弁護士に頼むというところまではできない人が多そうです。

こんな時は、自動車保険の弁護士費用特約が使えれば、便利かもしれません。特約が使えるケースと使えないケースは精査が必要でしょうけど。

ただ、弁護士費用自体は自腹を切れる額なので、保険を利用するかどうかは微妙な線だと思いますけどね。

何にしても、損害保険会社は味方であるケースばかりでは無いわけです。自分が被害者になるケースでは敵対関係になるわけですね。

彼らとしては、当然ですが、保険金の支払いを抑えようと行動してきます。それに対処するには、それなりの準備は必要そうですね。


事故車だって買い取ってもらえる

事故車でも買い取ってもらえるサービス

通常、事故車を廃車にするときには、お金を払って処分してもらうことになります。しかし、事故車でも買い取ってくれるサービスもあるようです。

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。