交通事故で車両が壊れた場合の損害賠償のお値段は?

交通事故で車両を壊した場合の損害賠償って、結局いくら払うことになるのでしょうか。何かわかりやすい基準のようなものはあるのでしょうか。

結論から言うと、損害賠償の額は修理にかかった費用だと考えると分かりやすいでしょう。ただ、事故ごとに色々と複雑な事情があって、そんなに単純にはいかないようですけどね。

基本的には修理費が損害賠償額

車両が損傷した場合、損害賠償を相手方に請求することになります。自動車保険の任意保険に入っていれば、対物賠償責任保険が使えるケースです。

さて、このときの損害賠償は、いったいいくらになるのでしょうか。

このときの賠償の金額は修理費で決まるのが基本です。とりあえず、「車両の損害賠償=修理費」という理解をしておくと良いでしょう。

A車とB車の事故で、A車の過失が100%だとしましょう。そして、B車の修理費用が50万円かかったとします。このときは、50万円が賠償額になるわけですね。これが基本的な考え方です。

新車が事故にあった場合は買い替えを要求?

難しくなるのが、B車が新車だったような場合です。

仮に修理はしてあっても、一度事故があれば、車両の価値は大きく下がりますよね。それが新車となるとなおさらです。

それなのに、修理費しか賠償されないとなると、かなり納得がいかないものがあります。価値が車両としての価値が落ちた部分も賠償して欲しいというのが素直な心情でしょう。

この点は実務でも問題になるようです。新車に買い替えろという無理な要求をしてくるケースも多いようです。1

車両の評価損は交渉次第

ただ、こういうケースでも、原則としては修理費しか認められません。一定の場合に「格落ち損」が認められるにすぎません。格落ち損というのは評価損の事ですね。

ちなみに、保険会社は格落ち損を認めたがらないようですね。自動車に関する示談交渉で、揉めることも多いようです。

ただ、最終的には格落ち損が認められることも多く、被害者の側としては交渉してみる価値があるのかもしれません。どうしても納得がいかなければ、弁護士に頼るという方法もあります。

保険会社が認めない以上、保険会社と喧嘩をするしかないわけです。

「車両の時価額+買い替え諸費用」が上限

ちなみに、損傷の程度によっては修理費の方が「車両の時価額+買い替え諸費用」よりも高くなる場合があります。この場合は、「車両の時価額+買い替え諸費用」までしか認められません。ま、そりゃそうですよね。

ただ、中には自分の車に愛着があって、高くついても修理して今の車に乗りたいという人もいるようです。その場合は、自腹を切るしかないわけです。

率直に言って、こういう方の心理は分かりませんけどね。車に対して非常に強い愛着を持っている人が、実際にいるのは事実です。

過失割合が100%でない場合は非常に難しい

今回は過失割合で片方が100%だという条件で考えてみました。しかし車対車の実際の事故では、どちらか片方が悪いというケースばかりではありません。

実は、その場合は、計算がかなり難しくなります。事故にかかわったのがAさんとBさんだとすると、過失割合がどちらかが100%でないかぎり、AさんもBさんも加害者であり被害者であるという事になるからです。

ここでは割愛しますが、こういう場合はかなり複雑になる事もあります。


  1. 交通事故の法律相談―交通事故をスムーズに解決するために (弁護士の知恵) []

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。