自分の過失割合が大きい、小さな事故だと、保険会社が相手をしてくれない

交通事故の法律相談―交通事故をスムーズに解決するためにという本に、興味深い事例が載っていました。ちょっとご紹介しましょう。損保会社が対応してくれないケースです。

損保会社が対応してくれない

まず、次のような事故の当事者からの質問が掲載されています。

私は、よそ見をしてセンターラインをはみ出したところで、対向車と衝突して、怪我をしました。(中略)私の過失が大きいので、任意保険で対応はしないと言われました。

こんなケースってあるんですね。

過失割合がゼロの場合は、保険会社は示談交渉ができないというケースはあります。でも、今回の場合は全く逆で、この人の方が過失割合が大きいはずですからね。

自賠責保険の範囲で済んでしまうときには保険会社は対応しないことも

でも、「交通事故の法律相談」によると、実際にこういう損害保険会社が対応してくれないケースがあるそうです。条件としては、支払うべき賠償額が自賠責保険や自賠責共済の支払限度額で済みそうなケースという事です。

ちょっとよく分からないのが、こういうケースでも、少なくとも相手の車は壊れていますよね。となると、物損では自賠責が使えないので、任意保険の対物賠償責任保険を使って対応することになるはずです。

結局、損害保険会社が対応するしかないように思うのですが。ちょっと不思議ですね。

自賠責保険では過失相殺は行われない

ちなみに、この本では、相談者のケガの治療費についてのみ解説がありました。こういう場合は、事故の相手方の自賠責保険や自賠責共済に直接請求すれば、一定限度の支払いがあります。

自賠責保険の場合は、いわゆる過失相殺は一般には行われません。任意の自動車保険と大きく違う部分です。

ですから、この質問者のように過失割合が大きい場合でも損害額相当の保険金が貰えるわけです。自賠責保険の場合は限度額があるので、それを超えない範囲ならという話ですけどね。

もっとも、自賠責保険の限度額を超えるようなケガを負っている場合は、保険会社が対応するはずです。ですから、「交通事故の法律相談」でアドバイスされている通り、相手方の自賠責保険に請求すれば片付くと考えられるわけですね。

保険会社が処理をしない方が良いかも

状況にもよりますが、こういうケースでは保険会社が処理をしない方が良いかもしれません。というのも、ここで自動車保険を使ってしまうと、次の更新後の自動車保険の保険料が上がってしまうからです。結局、保険を使わない方が得だったなんて言う事も考えられるわけです。

もっとも、詳細が分からないので、何とも言えないところではありますけど。


【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。