交通事故でケガをした場合の損害賠償金額の相場は?

前のページで、被害者が亡くなった場合の損害賠償の相場について確認しました。それでは、交通事故でケガをした場合の、損害賠償金額の計算はどのようにしたら良いのでしょうか。何か相場のようなものはあるのでしょうか。

交通事故の損害賠償の相場

交通事故でケガをした場合の、損害賠償に相場なんてあるのでしょうか。

交通事故でケガをした場合に請求できる費用

交通事故でケガをした場合、次のようなものが加害者に請求できます。

  • 治療費
  • 入院雑費
  • 通院交通費
  • 入院慰謝料・通院慰謝料
  • 休業損害
  • 逸失利益
  • 後遺障害慰謝料

基本的な項目としては、治療にかかったお金、仕事ができなかった分の補填、慰謝料の3つがあるわけですね。

まず、「治療費」「入院雑費」「通院交通費」という、治療に関する費用とが請求できます。このあたりは、基本的には実際にかかった費用が損害となります。後述しますが、ただ入院雑費は、1日いくらと決まっていそうそうです。

そして、その慰謝料である「入院慰謝料・通院慰謝料」も請求できます。これも基本的な算定基準があるようです。ただ、ややこしいことに、基準が複数あります。

その上で慰謝料が請求できます。まず、ケガで仕事ができないことによる損害の請求ができます。「休業損害」「逸失利益」の2つですね。さらに、障害が残った場合は、その障害に対する慰謝料も請求できるわけです。

結構、請求できるものが多いですね。それぞれ、もう少し細かく見ていきましょう。

治療費

ケガをさせた事への賠償ですから、入院や通院にかかる費用である治療費は当然請求できます。ただ、最先端の医療や、入院の高額な個室費用などは制限されることがあります。

入院雑費

入院雑費は実費ではなく、1日当たりいくらという形で決められるようです。1日1,400円から1,600円が相場という事です。意外と認められるのですね。

通院交通費

公共交通機関は認められますが、タクシー代は状況次第という事のようですね。車を使った場合は、ガソリン代が交通費として認められます。

付き添いのための交通費も、必要な範囲で認められるという事です。

入・通院慰謝料

これは相場が決まっていて、入院期間、通院期間、実際の通院日数だけで大体決められるようです。例えば、2か月入院した後3か月通院すると154万円などというぐあいに、かなり機械的に決められます。

もちろん、これが絶対的なものではありませんが、一つの基準になっているのは間違いがありません。

もう少し細かく書くと、実際にはいくつか基準があります。その中で一番明確なのが、自賠責保険における入通院慰謝料です。自賠責保険では1日あたり4,200円と決まっています。

任意保険基準というのだとさらに高くなります。入通院慰謝料が一番高いのは弁護士基準と呼ばれるものだそうです。1

休業損害

文字通り、事故のために休業した期間の損害です。

会社員の場合は、分かりやすいですね。休んだ期間の給与、減額された賞与、使用した有給休暇などをもとに金額が決まります。

自営業者の場合、休業したことによる減収分や、休業により余分に発生した固定経費などが認められるようです。

後遺障害慰謝料

後遺障害等級によって、基準が決まっています。1級から14級まであり、それに対応する額が決まっているわけです。

  1. だから示談交渉では弁護士を入れた方が良いなんていうセールストークでも使われるようですね。 []

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。