イーデザイン損保から、自動車保険の保険料を安くするコツを学ぶ

イーデザイン損保のサイトを見ていたら、面白いページを見つけました。どんなページかというと、保険料を節約したい人向けのアドバイスのページです。簡単に言うと、削ってもいい補償を教えてくれているのです。

イーデザイン損保が要らない補償を暴露しているようなもの?

これって、要するに、必要性が小さい補償をイーデザイン損保自らが暴露しているとも言えますよね。本当に必要な補償なら、削っても大丈夫かのようなアドバイスはしないはずですから。

実際、人身賠償責任保険に関しては、削れるとは一言も書かれていませんでした。やっぱり、本当に必要な人身賠償責任保険に関しては、削っても良いなんて書けないわけです。

イーデザイン損保としては、補償を小さくされ過ぎても困ってしまいます。ですから、率直に言って、中途半端なアドバイスだとは思います。ただ、保険料節約の方向性を知る上では、参考になりそうです。

ちなみに、この提案のポイントは次の3つです。

  • 対物賠償の保険金額に上限を儲ける
  • 人身傷害補償保険ではなく搭乗者傷害保険をつける
  • 車両保険はエコノミータイプを選ぶ

それぞれ、どういうことなのでしょうか。1

対物賠償責任保険の保険金額を下げる

自動車保険の補償で一番大事なのは、何と言っても対人賠償責任保険です。この保険金額は無制限にしないといけません。

というのも、死亡事故の場合、億単位の損害賠償責任が発生するという事もあり得るからです。しかも、それほど珍しいことではありません。

そして、次に大事なのが対物賠償責任保険です。車に乗っていて、人の物を壊した時に支払われる保険ですね。相手の車を壊した場合だけなく、店舗だったり信号機だったりを壊した時にも使えます。

この対物賠償責任保険も、通常は無制限にするのが良いとされています。というのも、かなり高額の損害賠償責任を負う事もあるからです。万が一のケースに備えるために、十分な補償が必要であるという考え方ですね。

しかし今回のアドバイスでは、対物賠償責任保険の保険金額を5,000万円にするように書かれていました。

損害額が5,000万円を超えるような物損はまず起きない(まれに起こる)

おそらく、5,000万円を超えるような損害賠償は、物損ではあまりないという判断なのでしょうね。実際、仮に自動車でなにかを壊したとして、それが5,000万円を上回るなんて、ちょっと想像できません。

新築の住宅に突っ込んだところで、建物の費用だけなら5,000万円もしませんよね。何かの貴重品を運んでいる車とかなら、あり得るのかなあ。

実際、イーデザイン損保のサイト内でも、1億円をけるような高額な損害額の例として3件のみが紹介されていました。しかも、そのうちの1件は昭和55年に起きた事故です。

この例からも分かるように、物損では5,000万円をこえるような巨額の賠償になるケースはほぼないと考えて良いわけです。沢山あるのなら、昭和55年のケースなんて引っ張り出してこないでしょう。

ですから、節約するなら5,000万円でもいいというアドバイスをしているのでしょうね。

もっとも、対物賠償責任保険に関しては、イーデザイン損保の契約では、97%が保険金額を無制限で契約しています。これを見ると、5,000万円にするのは、ちょっと考えてしまいますけど。

人身傷害補償保険ではなく搭乗者傷害保険をつける

次に挙げられているアドバイスが、人身傷害保険ではなく搭乗者傷害保険をつけろというものです。まあ、保険料の見直しで手を付けるなら、人身傷害保険は必須でしょう。これは理解できます。

さて、そもそも人身傷害保険とは何かというと、交通事故でドライバーや同乗者がケガや死亡した場合の補償です。自分の入っている自動車保険に保険金を請求することになります。

自動車保険で一番大事な対人賠償責任保険は、事故の相手が死傷した時の損害賠償責任に備える保険です。それに対して人身傷害保険は、運転者本人や同乗者の死傷に備えるわけですね。

とは言え、例えば運転者本人には、生命保険がかかっていることも多いでしょう。医療保険に入っているかもしれません。ですから、わざわざ、交通事故での死傷だけを特別扱いする必要があるのかという疑問もあるわけです。

同乗者への損害賠償に備えないといけない?

同乗者を死傷させてしまった場合などは、同乗者に対しても損害賠償の義務が発生します。ですから人身傷害補償保険が必要と考えるかもしれません。

ただ、同乗者にも自賠責保険が使えますし、同乗者が運転者の家族以外の場合は対人賠償保険が使えるのです。

ですから、必要性という点で考えると、ちょっと微妙な感じはするわけです。今回のイーデザイン損保の案の中で、補償を削る対象として挙げられているのも、そういう事なのでしょう。

搭乗者傷害保険ってどんな補償?

それでは、人身傷害保険に変わる、搭乗者傷害保険というのは一体何なのでしょうか。

実は搭乗者傷害保険もドライバーや同乗者の死傷に備える保険です。補償としてはほとんど同じなのです。

唯一違うのが、人身傷害保険は実際の損害に応じた保険金が支払われるのに対して、搭乗者傷害保険は定額だという事です。定額なので上限が決まっています。ですからその分、保険料が安いわけですね。

両方無しじゃダメなの?

でも、仮に人身傷害保険を止めるとしたら、中途半端に搭乗者傷害保険を残す理由は無いような気がします。両方無しにすれば、当然その方が保険料は安くなりますからね。

節約と言いながら、少しでも保険料を多くとりたいという魂胆が透けて見えるような気もしますね。

まあ、とにかく、節約で手を付けるなら人身傷害保険は考慮すべきところであるのは間違いありません。特に、家族以外は乗せないという人なら、削ってしまっても問題無いでしょう。

車両保険はエコノミータイプを選ぶ

最後のポイントが、車両保険です。車の故障したときの修理費や盗難などに備える保険ですね。

イーデザイン損保のサイトでは、車両保険は一般型ではなくエコノミー型を選ぶようにアドバイスしています。

一言で言ってしまうと、エコノミー型というのは、一般形から一部の補償を削った車両保険です。補償される範囲が小さくなる分、保険料も安くなるわけです。

車両保険の節約としては、これ以外にも、免責金額を大きくするなどの工夫が可能です。免責金額を大きくするというのは、簡単に言うと、修理をするときに自腹を切る額を増やすという事です。一部は自腹で払って残りは保険金で払うというような事をします。

自腹で払う部分があるので、保険料が安くなるわけです。免責金額以下で修理できてしまうような小さな事故だと、保険金はおりませんしね。

「車両保険は要りません」で良かったのでは?

車両保険に目をつけるということ自体は、全く問題ありません。3つある項目のうちの一番最初にこれを持ってくるべきであるとすら思います。

でも、本当に節約をしたければ「車両保険は要りません」で良かったのではないかと思うのです。なぜそう書かなかったのでしょうかねえ。

このあたりに、イーデザイン損保の意図が透けて見えそうですね。節約と言いながら、少しでも補償は残したいと思っていそうです。

実際に車両保険に入っていない人も多い

ちなみに、イーデザイン損保のサイトを見ると、実査に車両保険に入っていない人は28%もいるそうです。そして、イデザイン損保の節約提案にあるように、エコノミー型に入っている人は19%います。

つまり、普通に車両保険に入っている人は、半分くらいしかいないわけです。率直に言って、車両保険は要らない人が多い保険なので、ちゃんとわかっている人は回避しているわけですね。

車両保険と人身傷害保険は検討する価値があるでしょう

今回紹介されていたなかで、車両保険と人身傷害保険は、特に検討する価値があるでしょう。

イーデザイン損保の提案は、率直に言って、保険料を削られ過ぎないようにかなり加減した提案だったように思います。保険料を安くすることを重視するなら、さらに思い切ったことが出来るはずです。

  1. とにかく節約プラン| 自動車保険 おすすめ保険プラン| イーデザイン損保の自動車保険 []

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。