交通事故でケガをしたら治療費は誰が払うの?

交通事故でケガをした場合、当然ですが、病院に行って治療を受けることになります。このときの治療費って、最終的に誰が払うのでしょうか。

自動車での単独事故なら、当然自腹で払うことになりますよね。でも、事故の相手がいる場合は、どうすればいいのでしょうか。事故の相手が全部を払ってくれるのでしょうか。あるいは一部を自分で負担することになるのでしょうか。

こうやって考えてみると、結構難しそうですよね。ちょっと確認してみましょう。

はてな

交通事故の治療費って、誰が払うのでしょうか。加害者が全額負担してくれるのでしょうか。

自分が一部を負担するケースもあります

交通事故でケガをした場合、加害者は被害者に損害賠償をすることになります。損害賠償というのは、治療費をだしたり、慰謝料を払ったりすることです。

ただ、治療費の全額を加害者が負担するわけではありません。ケガの治療費は、最終的には、過失割合に応じて誰がどれだけ払うかが決まります。

事故でどちらに何パーセントの非があるかを判断し、その割合に応じて加害者側の負担する額が決まるのです。つまり、被害者側に落ち度があれば、その分は自己負担をしないといけないわけです。

例えばあなたが歩行者で相手が自動車を運転していたとしましょう。相手の過失割合が100%なら、全額を相手が負担することになるわけです。

ところが、相手の過失割合が90%という事になると、あなたも10%分は負担しないといけません。例えば治療費に総額で10万円かかったとすると、9万円は加害者に請求できますが、1万円は自己負担という事になります。

これが基本的な考え方です。

過失割合に応じて治療費を負担するというのが基本です。

自賠責は被害者の過失割合を小さく評価する

もっとも実際には、交通事故の場合はまず自賠責保険を使います。そして、自賠責保険の場合は、被害者に多少の過失があっても治療費の全額が保険金として支払われます。

もともと被害者救済のための制度なので。死傷した人とその家族に有利に出来ているのです。

ですから、120万円までの医療費は加害者が入っている保険から全額出る可能性が高いわけです。

もっとも自賠責保険でも、被害者側の過失が大きい場合(過失割合70%以上)で減額されることもあります。その場合は、一部は被害者の自己負担になるわけです。(最終的に加害者から慰謝料などが支払われ、トータルでは自己負担ナシになる事もありますが)

自賠責保険の120万円では不足するような場合、任意保険から保険金が支払われます。しかしこの場合は上に書いた通り、過失割合通りに医療費を負担することになります。ということは、自己負担する割合も増えるわけです。

実際にはまず自賠責保険が使えるので、被害者側の負担はない場合も多いです。負担する場合でも、その負担は小さくて済みます。

交通事故のケガの治療でも健康保険を使う必要がある

事故が起こった時には100%相手が悪いと思っていても、実際の過失割合が認められなければ、自己負担が発生するということが起こり得るわけですね。ですから、交通事故でのケガの治療には、健康保険を使わなければいけません。

健康保険を使わないと、もともとの治療費が高くなります。そうすると、被害者であるあなたにも過失があるとなった場合、あなたの負担も大きくなるのです。

逆に健康保険を使った結果120万円以下に抑えることが出来れば、あなたの自己負担分はゼロで済む可能性も大きいわけです。上に書いたように、自賠責保険というのは被害者に有利にできていますから。仮にあなたの過失が大きい場合でも、負担は小さくて済みます。

ちなみに、今でも健康保険が使えないなどと、嘘をつく病院があるそうなんですけどね。そういう病院の言いなりになると、大きな負担を負わされる可能性もあります。健康保険は絶対に使うべきです。

交通事故においても、健康保険は使うべきです。健康保険は使えないと嘘をつく病院もいまだにあるようですが。

車と車の事故だと面倒になる

ちなみに、自動車と人の事故だと、比較的簡単な事が多いようです。仮に自賠責でおさまらなくても、過失割合さえ決まってしまえば、治療費をその比率に応じて負担するだけだからです。

しかし、車と車の事故だと、かなり面倒になるケースもあります。なぜかというと、両方の車にけが人が出る場合があるからです。

そうなると、かなり計算が大変になる事もあるのです。

当面の治療費は被害者が負担する

ちなみに、当面の治療費は被害者が負担をすることになります。この意味でも、健康保険は使った方が良いわけです。

最終的に相手が治療費を負担するにしても、当面の持ち出しはキツいという人もいるでしょう。保険を使わないと、大きい額になる可能性もありますしね。

自賠責保険の仮払金という仕組みもある

健康保険を使っても、治療費の負担が大きいという人もいるでしょう。そういう人には、自賠責保険の仮渡金という仕組みがあります。どんな仕組みかというと、示談が成立する前でも自賠責保険に治療費の一部を請求できる仕組みです。

もっとも、この仕組みは、なかなか申請が面倒なようですけどね。金額的にも、あまり大きくはありませんし。

まあ、いざというときのために、こういう仕組みがあることくらいは知っておきましょう。


事故車だって買い取ってもらえる

事故車でも買い取ってもらえるサービス

通常、事故車を廃車にするときには、お金を払って処分してもらうことになります。しかし、事故車でも買い取ってくれるサービスもあるようです。

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。