交通事故で人を死なせりケガをさせた時の刑罰は| 懲役?罰金?

交通事故で人を死なせてしまったりケガを負わせてしまうと、刑罰が科されることがあります。ニュースなどで、以前よりも刑罰が重くなったというような話は耳にすることもありますが、具体的にどの程度の刑罰を科されるのでしょうか。

自動車運転死傷行為処罰法

車を運転していて人を死なせてしまったりケガを負わせてしまった時には、「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」という法律が適用されます。一般的には略称で、自動車運転処罰法とか自動車運転死傷行為処罰法と呼ばれます。

以前は刑法に規定されていましたが、自動車運転のケースに関して独立させたという経緯があります。

ちなみに、自動車と言っていますが、原付を含めたバイクやら小型特殊自動車なども含まれます。ただ、自転車や馬車などは対象外です。根拠になるのは、次の条文ですね。

第一条 この法律において「自動車」とは、道路交通法(昭和三十五年法律第百五号)第二条第一項第九号に規定する自動車及び同項第十号に規定する原動機付自転車をいう。

過失がある場合は懲役・禁固・罰金

自動車の運転中に人を死なせてしまったりした場合は、7年以下の懲役が科されることがあります。根拠となっているのは、次の条文です。

(過失運転致死傷)
第五条 自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。

ちなみに、詐欺罪の場合は懲役10年以下、傷害罪の場合は懲役15年以下、現住建造物等放火罪の場合は懲役5年以上という事です。ですから、これらの罪と比べると刑罰は軽いようですね。あくまで過失だからという事でしょうか。

飲酒運転が原因で死傷事故を起こすと15年以下の懲役

これが、飲酒運転などの場合は、罪がさらに重くなります。人を負傷させたときには15年以下の懲役、人を死亡させたときには1年以上の懲役という事です。

第二条 次に掲げる行為を行い、よって、人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は一年以上の有期懲役に処する。
一 アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させる行為
二 その進行を制御することが困難な高速度で自動車を走行させる行為
三 その進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させる行為
四 人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為
五 赤色信号又はこれに相当する信号を殊更に無視し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為
六 通行禁止道路(道路標識若しくは道路標示により、又はその他法令の規定により自動車の通行が禁止されている道路又はその部分であって、これを通行することが人又は車に交通の危険を生じさせるものとして政令で定めるものをいう。)を進行し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為

さらに、次のような似たような条文もあります。こちらの条文だと、負傷させた場合は12年以下の懲役で、死亡させた場合は15年以下の懲役です。

第三条 アルコール又は薬物の影響により、その走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で、自動車を運転し、よって、そのアルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態に陥り、人を負傷させた者は十二年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は十五年以下の懲役に処する。

第二条1項も第三条も、どちらも飲酒運転について書かれています。「正常な運転が困難な状態」と「正常な運転に支障が生じるおそれがある状態」で刑罰が違うという事ですね。

要するに、酔っ払っている程度によって、刑罰が違うという事でしょう。妥当と言えば妥当だと思いますが、判断は微妙そうですね。

無免許運転だとさらに重くなる

運転免許を持っていない人が運転し、人を死傷させる事故を起こすとさらに罪は重くなるようです。これも、条文をチェックしてみましょう。

(無免許運転による加重)
第六条 第二条(第三号を除く。)の罪を犯した者(人を負傷させた者に限る。)が、その罪を犯した時に無免許運転をしたものであるときは、六月以上の有期懲役に処する。
2 第三条の罪を犯した者が、その罪を犯した時に無免許運転をしたものであるときは、人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は六月以上の有期懲役に処する。
3 第四条の罪を犯した者が、その罪を犯した時に無免許運転をしたものであるときは、十五年以下の懲役に処する。
4 前条の罪を犯した者が、その罪を犯した時に無免許運転をしたものであるときは、十年以下の懲役に処する。

このように、それぞれのケースで、ちょっとずつ刑が重くなっています。例えば、過失によって死傷した場合は、「七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金」から「十年以下の懲役」と上限が3年のびています。


事故車だって買い取ってもらえる

事故車でも買い取ってもらえるサービス

通常、事故車を廃車にするときには、お金を払って処分してもらうことになります。しかし、事故車でも買い取ってくれるサービスもあるようです。

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。