交通事故の慰謝料と損害賠償って何が違うの?

「慰謝料」と「損害賠償」は、誤解というか混同している人が多い言葉では無いでしょうか。それぞれどんなものか、確認してみましょう。

慰謝料と損害賠償は何が違う?

慰謝料と損害賠償は何が違うのでしょうか??

「慰謝料」は精神的損害の損害賠償

まず慰謝料とは何かというと、「命・身体・自由・名誉・貞操などが不法に侵害された場合の、精神的損害に対する損害賠償金。(デジタル大辞泉)」の事を言います。大事なのは、「精神的損害」に対する賠償金であるという事ですね。

ということは、慰謝料と言うのは、損害賠償の一部という事になります。心が傷ついたという損害に対する賠償です。

損害賠償とは

それでは、損害賠償とは何なのでしょうか。損害賠償とは「他人に与えた損害を填補(てんぽ)し、損害がないのと同じ状態にすること。(デジタル大辞泉)」を言います。

「填補する」というのは埋め合わせをするという事ですね。つまり、損した分の穴埋めをするのが損害賠償です。

ですから、本来的な意味においては、損害賠償で被害者が得をするという事はありません。加害者から損失の埋め合わせとして金銭が支払われるだけなのです。

そして、その損害の中の一つが精神的な損害で、これには慰謝料という形でお金が支払われるわけですね。大体このあたりが、慰謝料と損害賠償の関係です。図にすると、次のような感じになります。

慰謝料と損害賠償

損害賠償は損した分の埋め合わせという意味です。また、慰謝料は損害賠償の一部です。

交通事故の損害賠償はさらに細かく分けられる

交通事故の場合、損害は大きく2つに分けることが出来ます。財産的損害と精神的損害つです。

交通事故の損害 = 財産的損害 + 精神的損害

そして、財産的損害は、積極損害と消極損害に分けることが出来ます。つまり、次のようにも書くことが出来ます。

交通事故の損害 = 積極損害 + 消極損害 + 精神的損害

ちなみに、積極損害というのは、事故により被害者が出費をする治療費や車両の修理費、葬儀費用などの事です。元の状態に戻すのにかかった費用と言ってもいいかもしれません。

そして、消極損害というのは、事故によって働けない期間の休業損害や逸失利益が当たります。本来だったら得られたはずのお金も損害としてカウントされるというわけです。

ちなみに、この逸失利益が大きくなるので、交通事故の損害賠償は巨額になることがあるわけです。億単位の損害賠償とういこともあります。

離婚の時の慰謝料も誤用が目立ちます

余談ですが、離婚の時によく話題になる「慰謝料」も、しばしば間違った使われ方がされる言葉です。

慰謝料というのは、上に書いたように、精神的な損害を補うために支払われるものです。一方の財産分与というのは、夫婦が築いた財産を分けるために支払うものです。

時々「慰謝料で〇千万円貰った」なんて話が雑誌などで出てきますが、こんな事はあり得ません。というのも慰謝料というのは、せいぜい数百万円程度のものなのだそうです。

おそらくこれは、財産分与と慰謝料を混同しているのでしょうね。


【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。