【世界販売台数】自動車業界は4強の時代かな

日本を代表する自動車メーカーと言えば、トヨタ自動車です。トヨタ自動車はフォルクスワーゲンと、自動車の販売台数で首位争いをしてきました。

しかし2017年は、3位に落ちてしまいました。トヨタを抜いて2位に上がったのは、ルノーと日産のグループです。

数年前まで、ルノー・日産はトヨタとはちょっと差があった印象です。急激に追い上げたという事でしょうね。

4位のGM まで含めて大接戦

GMまで含めた上位の4つは、かなり競り合っているようです。2017年の世界販売台数だと、上位4つは次のように僅差でした。

  1. VW:1,074万台(2016年1位)
  2. ルノー・日産:1,060万台(2016年4位)
  3. トヨタ:1,038万台(2016年2位)
  4. GM:990万台(2016年3位)

このように上位4つは横一線と言って良いでしょう。5位のヒュンダイが726万台なので、4位と5位ではちょっと差がある感じですね。

ただ、ヒュンダイの726万台というのも、ちょっと意外な印象でした。思ったよりもヒュンダイって人気があるのですね。

フォルクスワーゲンが売れているのは意外?

ところで、フォルクスワーゲンが売れていると言われても、ピンとこない日本人は多いのではないでしょうか。日本での知名度だけで言うとGMの方が上でしょうからね。

また、ドイツ車と言ったら、メルセデスベンツとかBMW といった名前を思い浮かべる人の方が多いでしょう。実際、Google Trends で「フォルクスワーゲン」「BMW」「ベンツ」で比較すると、日本ではフォルクスワーゲンの方が圧倒的に検索ボリュームが少ないようです。

ちなみに、フォルクスワーゲンの検索ボリュームが一時的に増えている時期がありますが、アメリカで排ガス不正があった時期ですね。ようするに、スキャンダルです。

また、「フォルクスワーゲン」を「VW」にしても大差はありませんでした。

この検索結果から想像すると、世界的に見るとフォルクスワーゲンの販売台数がここまで多いことを知らない人は、かなり多いのではないかと思います。

大衆車のメーカーなのに他のドイツメーカーに負けている

フォルクスワーゲンというと、日本では大衆車という印象ですよね。比較的安価なコンパクトカーが中心というイメージがあるはずです。

それにもかかわらず、日本での輸入車の販売台数は、BMW やメルセデスベンツに負けています。1台当たりの単価が高いメーカーの方がたくさん売っているのです。

これは、もう、惨敗と言って良い結果でしょう。排ガスの不正があったとはいえ、日本ではなぜ受けないのでしょうか。逆に言うと、どの国では売れているのでしょうか。

詳しく調べてみる価値はありそうです

日本人にはちょっと謎が多いフォルクスワーゲン、調べてみる価値はあるかもしれません。そこで、もう少し詳しく調べてみました。


【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。