車両保険の保険料が安い車を買う| 車両保険料率クラスを調べよう

車両保険が安い買う車を選ぶことで、車両保険の節約をすることができます。というのも、車両保険の保険料金は車の種類などによって保険料がかなり違うのです。しかも、その差はかなり大きいです。

車を買おうと思うときには、駐車場のコストや燃費を気にする人も多いでしょう。車両保険の代金も、それらと同様に検討してみてはいかがでしょうか。長期で見れば、かなりのコスト減につながるかもしれません。

車両保険の料率クラスとは

車両保険の保険料を決める要素の一つが料率クラスです。

アクサダイレクトの用語解説では次のように解説されています。

自家用普通乗用車および自家用小型乗用車の車両保険については、ご契約の自動車の型式ごとの事故発生状況等に基づき決定された料率クラスを適用いたします。車両保険の料率クラスは、1~9の9段階で数値が大きいほど保険料が高くなります。

この料率クラスが低い車を選ぶことで、自動車保険を節約できます。

一般的に、統計的に見て事故を起こしにくい車はクラスが低くなります。逆に統計的に事故が多い車は、料率が高くなります。

また、事故がおきたときに、修理費が安い車は低いクラスになります。事故がおきたときに修理費がかかる外国車などは高いクラスになります。

その他の要素としては、盗難にあいやすい車は高いクラスになるなどの特徴があります。

料率クラスはどこで分かる?

ちなみに、料率クラスというのは、損害保険料率算出機構というところが発表しています。「対人賠償責任保険」「対物賠償責任保険」「搭乗者傷害保険」「車両保険」の4つに関して、それぞれ料率クラスが設定されています。

実際に調べようと思うと、車種だけでなく型式まで分からないといけないので、ちょっと使うのが大変ですけどね。

車両保険に関する保険料は、当然ですが、車両保険の料率クラスを見ることで保険料が割高であるかどうかが分かるわけです。

例えば、トヨタのプリウスのZVW55という型式だと、2018年の料率クラスは次のように決められています。

  • 対人賠償責任保険:3
  • 対物賠償責任保険:3
  • 搭乗者傷害保険:4
  • 車両保険:4

車両保険の料率クラス4という情報を使って、保険料が決まっていくわけですね。

料率が高い車の特徴

一般的には、高級車やスポーツカーは車両保険の料率が高い事が多いようです。また、ちょっと意外ですが、トヨタのハイエースは料率クラスが高いことが多いようですね。

例えば、TRH224Wという型式の場合だと、車両保険の料率クラスは6です。その他の料率クラスは以下のようになっています。

  • 対人賠償責任保険:8
  • 対物賠償責任保険:5
  • 搭乗者傷害保険:4
  • 車両保険:6

トヨタのハイエースは、実は、盗難にあいやすい車種なのだそうです。海外で人気なので、盗まれて売られてしまうようなのです。そういう事情もあって料率クラスが高めに設定されているのでしょう。

もちろん、事故の件数も多いのかもしれません。なにせ、対人賠償責任保険の料率クラスが8ですからね。重大な事故が多い事が想像できます。

スポーツカーはどんなものでしょうか。日産のフェアレディz のZ34という型式の料率クラスは、次のような感じでした。

  • 対人賠償責任保険:6
  • 対物賠償責任保険:4
  • 搭乗者傷害保険:4
  • 車両保険:6

あれ。ハイエースと車両保険の料率クラスが同じですね。やっぱり、ハイエースは車両保険の料率クラスが高いんですね。

フェアレディzが意外と低かったので、おそらく料率クラスが高いであろうフェラーリも調べてみることにしましょう。

フェラーリ458という車のF142という型式では、料率クラスは以下のような感じでした。

  • 対人賠償責任保険:6
  • 対物賠償責任保険:3
  • 搭乗者傷害保険:4
  • 車両保険:9

車両保険の料率クラスは、やっぱり最高の9なのですね。ちなみに、料率クラスが9だと、車両保険の契約を断られる可能性が大きいです。

料率クラスが低い車は?

一方、車両保険の料率クラスが低い車ですが、軽自動車は低いようですね。スズキ・ワゴンRソリオのMA64Sという型式だと、車両保険の料率クラスは2です。

  • 対人賠償責任保険:3
  • 対物賠償責任保険:3
  • 搭乗者傷害保険:5
  • 車両保険:2

もっとも、軽自動車に車両保険が必要かという問題はあるんですけどね。車自体の価格が安い軽自動車では、車両保険の必要性は小さくなります。

また、搭乗者傷害保険の保険料率がちょっと高めの5であることも気になる点です。やっぱり、軽自動車は安全性において若干劣るという評価なのかもしれませんね。


車両保険は工夫の余地が大きい

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。