自動車の主な使用目的は何を選べばいいのだろう

ダイレクト型では一般的なリスク細分型の自動車保険では、自動車の使用目的を聞かれることがあります。でも、これって、意外と迷いそうです。何を選んだらいいのでしょうか。

自動車の使用目的を聞かれることも

自動車保険の申込をするときに、車の主な使用目的を選ぶことがあります。いわゆるリスク細分型の自動車保険だと、この選択がありますね。

よくあるパターンとしては、「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務」の3つのから選ぶことが多いでしょうか。表現は保険会社によって違いますけどね。まあ、だいたいこの3つのカテゴリーという事が多いでしょう。

ただ、ソニー損保のように、「主に家庭用」「主に業務用」の2分類だけというところもあったりします。

どれを選べばいいかは意外と難しいかも

ところで、このカテゴリーの選択って、意外と難しいですよね。

例えば、仕事の都合で週3日は車で通勤するようなケースは、「通勤・通学」を選べばいいのでしょうか。それとも、週3日くらいなら、「日常・レジャー」で良いのでしょうか。

ちなみに、「通勤・通学」よりも「日常・レジャー」の方が保険料は安くなります。ですから、可能であれば「日常・レジャー」を選びたいわけです。

「日常・レジャー」で大丈夫

実はこの場合は、「日常・レジャー」を選んでも大丈夫です。というのも、使用目的の判断では、「1年間を通じて月15日以上の使用頻度(「おとなの自動車保険」の場合)」かどうかで判断されるからです。

週3日なら、1か月に4週間として、月12日程度です。ですから、この場合の使用目的は「通勤・通学」にはあたらないという事になります。

微妙なケースも多そうです

ただ、この基準も、ちょっと判断が難しいケースがありそうですよね。

「1年間を通じて月15日以上の使用頻度」かどうかで判断されるということです。これは裏を返せば、1年の中で1か月でも15日よりも少ない頻度なら、下のカテゴリーで良い事になってしまいます。

特に通学で使う場合は、1か月間ほとんど学校に行かないという事もあり得ますよね。大学生なら長い休みもあるでしょうし。そんな場合は、どうなるのでしょうかねえ。

実際に判断しようと思うと、意外と難しい項目のような気がします。保険会社によって、判定基準も微妙に違っていそうですし。

まあ、分からなかった保険会社に聞いてみるのが一番でしょうかねえ。


【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。