補償範囲を限定する事で車両保険の保険料を安くする

車両保険の補償の範囲を限定することで、車両保険の節約をすることもできます。

自動車保険の車両保険には補償を限定したプランもあります。「車対車」「車対車+A」などと呼ばれているプランです。これらのプランは、エコノミータイプなどとも呼ばれます。

これを利用すると、保険料を引下げることができるのです。

「車対車」「車対車+A」とは?

「車対車」というのは、文字通り車と車の接触による事故しか補償されないと言う意味です。自損事故の場合は保険金が支払わない上に、相手側からない接触事故も補償されません。また、盗難などについても、何の補償もありません。

+Aが付くと、車対車の事故の他、いたずらによる破損や落書き、盗難なども補償の対象になります。ただ、この場合も、自損事故は保険の対象外です。

「車対車+A」の一般条件の車両保険との違いは、自損事故と相手が不明の接触事故に関しては補償され無いという点にあります。逆に言うと、それ以外は補償があると考えて良いでしょう。

保険料を少しでも抑えたいという方は、「車対車」「車対車+A」の利用を考えても良いと思います。

どの程度安くなるかはケース・バイ・ケースでしょうが、一般条件から「車対車+A」にすることで、車両保険の分の保険料が4割程度は安くなると言う話もあります。


車両保険は工夫の余地が大きい

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。