自動車保険の補償の中で一番保険金が支払われているものは?

自動車保険には様々は補償があります。損害賠償への補償(人・モノ)、ドライバーと同乗者への補償、自分の自動車への補償などです。

これらの保険金の内訳はどうなっているのでしょうか。調べてみました。

保険会社が払った自動車保険の保険金の内訳

自動車保険というのは、様々な補償が組み合わされて出来ています。代表的なものだけでも対人賠償責任保険、対物賠償責任保険、車両保険、人身傷害保険などの補償があります。

それでは、自動車保険の保険金って、どの補償に対するものが一番多いのでしょうか。ちょっと調べてみました。

自動車保険の保険金支払い状況 2016年度

2016年度の保険金支払い状況を円グラフにしました。こうしてみると、車両保険と対物賠償責任保険が大きいのが分かります。

ちなみに、損害保険料率算出機構というところの「自動者保険の概況(2017年度)」という資料をもとにグラフを作りました。

改めて数字と比率を示すと、次のような感じになります。

  • 対人賠償責任保険:3,662億円(19.3%)
  • 人身傷害保険:1,587億円(8.4%)
  • 搭乗者傷害保険:459億円(2.4%)
  • 対物賠償責任保険:6,908億円(36.5%)
  • 車両保険:6,335億円(33.4%)

対人賠償責任保険が意外と少ない

対人賠償責任保険と対物賠償責任保険が大きいですね。この2つで、ほぼ7割を占めてしまいます。

率直に言って、ちょっと意外でした。1件当たりの保険金額で言うと、大きくなる可能性が大きいのは対人賠償責任保険です。死亡事故なら億単位の保険金が支払われることも珍しくありません。

それに対して、車両保険とか対物賠償責任保険って、せいぜい数百万円程度でしょう。普通の事故で、1,000万円を超えるような賠償責任を負う事は、あまり考えられませんから。

特に車両保険の場合は、車の価値以上の保険金はでませんからね。中古車だったりすると、マックスでも100万円というようなケースすらあるわけです。

自賠責のおかげで対人賠償責任保険の保険金は小さくなっている

この謎の答えは、自賠責保険にありました。

自賠責保険と言うのは、対人賠償責任保険と補償が重複します。ということは、自賠責を使う事ができる場合は、自賠責保険から保険金が支払われるわけです。

2016年度で言うと、自賠責保険からの保険金の支払いは8,175憶円あります。つまり、任意保険の対人賠償責任保険の3,662憶円と比べて、圧倒的に大きいわけです。

ということで、交通事故の損害賠償で一番金額が大きくなるのは、やっぱり人を死傷させたときの損害賠償のようですね。

自賠責保険を含めて保険金の内訳を作ってみました

それでは、自賠責保険を含めると、自動車保険の保険金の内訳はどうなるのでしょうか。これまた、円グラフにしてみました。

自動車保険の支払った保険金の内訳(2016年・自賠責を含む)

自賠責保険と対人賠償責任保険をあわせると、やっぱり交通事故の被害者に対する補償が一番大きくなります。

対人賠償責任保険と自賠責保険をあわせたものが、事故の被害者に対する保険金の総額ですね。こうしてみると、やっぱり、被害者に対する保険金が一番大きいことが分かります。

割合で表すと次のような感じです。

  • 自賠責保険:8,175億円(30.1%)
  • 対人賠償責任保険:3,662億円(13.5%)
  • 人身傷害保険:1,587億円(5.9%)
  • 搭乗者傷害保険:459億円(1.7%)
  • 対物賠償責任保険:6,908億円(25.5%)
  • 車両保険:6,335億円(3.4%)

自賠責保険が3割で、対人賠償責任保険が1.3%ですから、合わせて半分弱という感じでしょうか。


【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。