車両保険は保険金を受け取ると逆に損をするケースもある

車両保険は使うと損になるケースもあります。どういうことかというと、車両保険の補償の対象になるような事故でも、保険金を受け取らない方が保険料の節約になるケースもあるのです。

なぜそんなことが起こるのかというと、車両保険を使うと翌年以降の保険料が上がってしまうのです。車両保険を使うと、翌年はノンフリート等級が上がります。その上、事故によるペナルティも追加されるので、翌年以降の自動車保険の保険料が大きく上がってしまうのです。

実はこの事は、車両保険に限った話ではありません。例えば対人賠償でも対物賠償でも保険料が上がります。これが原因で、翌年以降の保険料が上がり、保険金を貰うことが結果的にマイナスになってしまうわけです。

保険金の額が数万円程度なら、保険金を申請しないほうがいいケースも多いでしょう。保険を使った方が良いかどうかは、保険会社などに問い合わせてみてもいいかもしれません。

とにかく、金額が小さい場合は、保険を使うべきかどうか考えてみる冷静さは必要です。

等級がどれだけ下がるかは事故の種類による

車両保険を使うと、翌年以降のノンフリート等級が下がります。ただ、どんな事故でも一律で下がると言うわけではありません。車両保険を受け取る理由によって、翌年等級がどれだけ下がるかは違うのです。

このあたりのポイントも、事前にチェックしておいた方がいいかもしれません。


車両保険は工夫の余地が大きい

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。