軽自動車を安全性で選ぶならホンダのN-BOX

軽自動車に対する批判で良く聞くのが、「軽自動車は脆いから、事故を起こすと重大なものになる」という意見です。

この噂は本当なのでしょうか。噂の真偽を確認するような方法が、何かないのでしょうか。

ちょっと調べてみました。

軽自動車とは

そもそも、軽自動車というのはどんな車を指すのでしょうか。まずは、そこから確認してみましょう。

4輪車の軽自動車は、次のようなものの事を言います。

  • 全長 3,400mm(3.40m)以下
  • 全幅 1,480mm(1.48m)以下
  • 全高 2,000mm(2.00m)以下
  • 排気量660cc以下
  • 定員 4名以下
  • 貨物積載量 350kg以下

この基準を一つでも超えると、小型自動車になってしまうのです。つまり、サイズも排気量も小さいのが軽自動車というわけです。

この基準から分かるように、一定のサイズよりも小さくて、排気量が660cc 以下の車の事が軽自動車です。貨物積載量などを除けば、わりと単純に、大きさと排気量で決まっているわけです。

興味深いテストを見つけました

サイズが小さい車は、安全性で劣るというのは、イメージとしてはよく分かります。でも、実際のところはどうなのでしょうか。

実は、車の衝突した時の安全性に関するテストは、いくつか行われています。例えば、独立行政法人の自動車事故対策機構というところが、「自動車アセスメント」ということをしています。自動車の安全性能の評価をし、それを公表するというものです。

その中の1つで、衝突安全性能の評価もしています。この調査が参考になるでしょう。そこで、このページでは、平成29年度の結果をチェックしてみることにしましょう。

軽自動車は衝突安全性能が低いものが多い

まずテストの対象になっている車ですが、乗用車10車種、軽自動車5車種が対象になっています。

衝突安全性能評価に関して、その順位を見ていくと、軽自動車はの総合得点で4位が最高でした。そして、残りの4車種は11位から15位という事でした。

つまり、総じて、軽自動車は衝突安全性能の評価が低いわけです。軽自動車は危ないという噂は、全く根も葉もないというわけでも無かったわけですね。

ちなみに、4位だったのがホンダのN-BOX/N-BOXカスタム です。つまり、N-BOX は乗用車のカテゴリーに入っても、上位だったという事ですね。非常に優秀です。

そして、11位以降だったのが、以下の4車種です。OEM で様々なメーカーから違う名前で販売されているので、ちょっと複雑ですが。

  • スズキ ワゴンR/ワゴンRスティングレー(マツダ フレア)
  • スズキ スペーシア/スペーシアカスタム(マツダ フレアワゴン/フレアワゴン カスタムスタイル)
  • ダイハツ ミライース(スバル プレオ プラス、トヨタ ピクシス エポック)
  • ダイハツ ムーヴ キャンパス

また、星の数による評価でも、N-BOXが星5つだったのに対して、他の4車種は星4つでした。衝突安全性能が一つ落ちるという事ですね。

どうも、この結果から判断すると、軽自動車はやっぱり少し危ないと考えて良さそうですね。

乗員保護性能評価

衝突安全性能評価は、さらに「歩行者保護性能評価」「乗員保護性能評価」「シートベルトの着用警報装置」の3つにわかれています。

軽自動車の安全性で特に気になるのはが2番目の乗員保護性能評価ですね。車に乗っている人は安全なのかという評価です。

軽自動車が脆いというのが本当なら、この部分の評価は低くなるはずです。

軽自動車は「乗員保護性能評価」が低い

さて、実際に乗員保護性能評価の結果を見てみると、さらに軽自動車に乗るのが怖くなってしまうかもしれません。ホンダのN-BOXが88.8点だったのを除けば、他の4車種はいずれも70点台だったのです。

軽を除く乗用車で70点台だったのはトヨタ ルーミー/タンク(ダイハツ トール,スバル ジャスティス)の1車種だけでした。つまり、自動車に乗っている人の安全性で比べると、軽自動車は明らかに劣るわけです。

ホンダのN-BOXも、乗用車と比べて安全性が高いかというと、そうでもないようです。というのも、全15車種中、90点以上が7車種もあったからです。N-BOX はせいぜい真ん中という事ですね。

安全性にこだわるならN-BOX か小型自動車にしよう

最後に、簡単にまとめてみましょう。

安全性にこだわって軽自動車を選ぶなら、ホンダ N-BOX を選んでおくのが無難なのは間違いないでしょう。今回の調査結果を見れば、この点に関しては、疑いようがないはずです。

ちなみに、衝突安全性能評価での全体のトップはマツダ CX-8 です。乗員保護性能評価に限っても、96.67点と、かなり高い点を出しています。乗員保護性能評価も全体のトップですね。

まあ、値段も高いですしサイズもだいぶ違うので、軽自動車を買う人が欲しい車ではないでしょうけどね。


【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。