全労済のバイク保険について概要をチェック【マイカー共済(二輪車用)】

自動車保険を扱っているのは、損保会社だけではありません。共済でも扱っているところがあります。正確に書くと、共済の場合は、自動車共済と言うのですけどね。

バイク保険も同様です。例えば全労済にはマイカー共済(二輪車用)という共済があります。

このページでは、マイカー共済(二輪車用)の補償内容について、基本的な部分を確認してみましょう。

セットになっている補償と、追加できる補償がある

全労済のマイカー共済(二輪車用)は、まずシンプルタイプというセットの補償があります。そして、それで足りない部分は、追加でさらなる補償をつけることも可能です。

シンプルタイプのセット内容は、次のような感じです。

  • 対人賠償
  • 対物賠償
  • 自損事故傷害特約
  • 無共済車傷害

それぞれの補償について簡単にチェックしてみましょう。

対人賠償

対人賠償と言うのは、交通事故で人を死傷させてしまった時の損害賠償に備えるものです。損害賠償の相当額が共済金として支払われます。

バイクの場合も四輪車と同様、自賠責保険があります。しかし自賠責だけでは足りないことも多いので、対人賠償はとても重要です。

対物賠償

対物賠償と言うのは、他人の物を壊してしまった場合の損害賠償に備えるものですね。例えば、止まっている他人の車に突っ込んだ時、車の修理費用などが共済金として支払われるというイメージです。

自損事故傷害特約・無共済車傷害

自損事故傷害特約と無共済車傷害は、自分が死傷した場合に共済金が支払われる仕組みです。

ただ、どんなケースでも共済金が支払われるわけではありません。自損事故の場合と、事故の相手が自動車保険(あるいは自動車共済)に入っていない場合に限られます。

自動車保険では、人身傷害保険というドライバーと同乗者に対する補償を付けるのが一般的です。しかし、マイカー共済(二輪車用)では、かなり限定的な補償しか付いていないわけですね。

ちなみに、バイクに乗っている本人のための手厚い補償は、オプションとして付けることが出来ます。

追加できる補償

それでは、シンプルプランに追加できる補償には、どんなものがあるのでしょうか。簡単に言うと、上にも少し書いたように、バイクに乗っている本人の死傷に対する補償があります。

具体的には、次の2つです。

  • 搭乗者傷害特約
  • 人身傷害特約

搭乗者傷害特約も人身傷害特約も、バイクを運転する本人の死傷に備えるものです。交通事故でケガをした場合などに、共済金が貰えるわけですね。

付けるかどうかはちょっと考えよう

ちなみに、この2つの特約に対する補償は、自動車保険では付いているのが普通です。ですから、自動車保険と同様の補償が欲しいと思うなら、つけておいた方が良いわけです。

ただ、必要性の点からいうと、「対人賠償」や「対物賠償」ほど必要と言うわけではありません。ですから、保険料重視という場合は、この特約は無しでも構わないでしょう。

保険料の見積もりを出してみて、決めるのが良いかもしれません。

これ以外の特約

ちなみに、搭乗者傷害特約と人身傷害特約以外のも、次のような特約があるようです。

  • 交通事故危険補償特約
  • 弁護士費用等補償特約
  • 自転車賠償責任補償特約

車両保険は無い

マイカー共済(二輪車用)が特徴的なのは、車両保険が付いていない事です。特約でもつけることが出来ないようです。

もっとも、これは、バイク保険では珍しいことではないようです。バイク保険の場合は、マイカー共済(二輪車用)と同様、車両保険を付けられない事が多いのです。

おそらく、バイクの場合は、車両保険は必要がないという判断でしょうね。最悪、新しいバイクを買うようなことになっても、バイクなら自腹で対処できることが多いでしょうし。


損保4社のバイク保険を一括見積

ズバット バイク保険比較なら損保4社の見積もりをまとめて取ることが出来ます。共栄火災、チューリッヒ保険会社、アクサ損害保険、三井ダイレクト損保の4社です。

ちなみに、このサービスを提供する株式会社ウェブクルーは、自動車保険の一括見積でおなじみの保険スクエア bang! などを運営する会社ですね。

一括見積は各社の比較ができて非常に便利です。バイク保険を考えている人は、ぜひご利用ください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。