バイク保険は必要なのか?

バイクにも自動車保険があります。バイクの場合は、特に、バイク保険と言われています。

さて、このバイク保険は絶対に必要なものなのでしょうか。それとも、意外と必要性が小さいのでしょうか。

バイクにも事故のリスクがある

自動車保険というのは、簡単に言うと、「車を運転中の交通事故による金銭的なリスクに備える保険」です。人をケガさせたり、他人の物を壊したり、運転者や同乗者がケガをする事による出費に備えるわけですね。

それでは、バイクの場合はどうなのでしょうか。バイクの場合も、全く同じようなリスクがありますよね。

バイクだって、歩行者などをケガさせることもあります。停車中の車に突っ込んで修理費用を請求されることもあります。さらには、転倒して大ケガをするリスクだってあるわけです。

当然ですが、こういうリスクには備えないといけませんよね。特に、歩行者を死なせてしまったような場合だと、億単位の損害賠償を請求されることもありますから。

バイク保険で備えることは出来る

バイクも法律用語では自動車の一種とされています。ですから、バイクでも自動車保険はあります。

ただ、バイクの場合は、通常(四輪用)の自動車保険とは区別されています。特に、バイク保険と呼ばれます。

さて、このバイク保険には、入る価値があるのでしょうか。また、入るとしたら、どのような補償を付けるのが良いのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

バイク保険は必要か

結論から書いてしまうと、バイク保険は必要です。バイク保険が必要である理由を見ていきましょう。

バイクでも自賠責保険には入る

バイク保険について考える時に、前提として知っておきたいのが、バイクでも自賠責保険に入らなければいけないという点でしょう。バイクも法律的には自動車ですから、強制加入の自賠責保険に入らないといけないのです。

そして、自賠責保険に入るという事は、人を死傷させたときに保険が使えるという事です。バイク保険に入らなくても、ある程度の補償はあるわけですね。

自賠責保険の場合は、保険金額1 が決まっています。死亡事故の場合1人につき3,000万円、ケガのばあい1人につき120万円です。これが保険金の上限ということですね。

自賠責保険では足りない

しかし、死亡事故の場合は、億を超えるような損害賠償をしないといけないケースもあります。ということは、自賠責保険ではぜんぜん足りないわけです。

ですから、バイクの場合も、バイク保険に入って万が一の事故に備えるべきでしょう。交通事故で人を死なせてしまって賠償金が払えないでは、事故を起こした本人も遺族も不幸ですから。

まあ、このあたりは、自動車保険に入った方が良い理由と同じですね。自賠責保険だけでは足りないので、みんな自動車保険に入るのです。それと同じで、バイク保険には入るべきです。

自賠責保険ではモノを壊した時の補償が無い

自賠責保険には、もう一つの問題点があります。それは、他人のモノを壊した時の補償が無いという点です。ということは、自賠責保険だけだと、モノを壊して損害賠償をしないといけない時に、自腹を切らないといけないという事ですね。

数十万円程度なら、自腹でも何とかなるのかもしれません。でも、数百万円とか数千万円の損害賠償をしないといけない可能性もありますからね。そうなると、個人では対処ができないことも多いでしょう。

これを回避するために、やっぱり、バイク保険には入っておいた方が良いと言えそうです。

対人賠償責任保険と対物賠償責任保険は必要だが

ここまで書いたように、他人を死傷させたり、他人のモノを壊すという事故に備えるためにバイク保険には入らないといけません。

ちなみに、他人の死傷による損害に備える補償を、対人賠償責任保険と言います。また、他人のモノを壊す事に備える補償を、対物賠償責任保険と言います。

この2つは、バイクの場合も必要だと考えて良さそうです。そして、一般の自動車保険でも当然備わっている機能です。

対人賠償責任保険と対物賠償責任保険以外は必要なのだろうか

しかし、自動車保険の機能はこれだけではありません。ドライバーと同乗者の死傷に備える人身傷害保険や、事故による車両の故障に備える車両保険があります。

この、人身傷害保険と車両保険は、バイクの場合は必要なのでしょうか。

人身傷害保険は微妙

実は、人身傷害保険と車両保険に関しては、かなり微妙な問題です。

まず、人身傷害保険に関しては、オプション扱いにしている所が多いようです。例えば、アクサダイレクトでは、人身傷害保険か搭乗者傷害保険から片方もしくは両方を選べるようになっています。

搭乗者傷害保険と言うのは、人身傷害保険の簡易版のようなものだと思ってください。保険料が安い代わりに、補償もそれほど大きくありません。

中には、人身傷害を完全なオプションにしている場合もあります。全労済のマイカー共済(二輪車用)などは、人身傷害も搭乗者傷害も完全に外すことも可能です。

これは、保険会社も必要性が小さいと考えている証拠でしょう。

本来は四輪車でも必要性は小さいのかも

本来的には、自動車保険の場合も、人身傷害保険の必要性は大きくないのですけどね。しかし、自動車(四輪車)の場合は、人身傷害保険の保険料はそれほど高くないので、わざわざ外さない人が多いのでしょう。人身傷害保険に関する保険料は年間数千円程度という事が多いです。

これは、逆に言うと、バイク保険の場合は人身傷害保険の保険料がかなり高いということです。はっきり言って、バイクはケガをしたり亡くなったりするリスクが大きいという事ですね。

よりケガをするリスクが大きいバイクの方が人身傷害が付かないって、ちょっと変な話ですけどね。実際問題として、付けてない無い人も多いはずです。

車両保険は更に不要かも

車両保険に関しては、人身傷害保険以上に必要性が小さいと考えられます。というのも、バイクはそれほど高いものではないので、最悪自腹で買い替えた方が賢いと考えられるのです。

よほどの高級バイクなら、車両保険を付けてもいいかもしれませんけどね。数十万円程度で買えるバイクなら、車両保険は無しでも良いはずです。

自動車保険に限らず、掛け捨て保険の場合は、かなりの手数料を取られています。あなたが払う保険料の中から、手数料が抜かれているのです。

大雑把に言って、保険料の半分は手数料だと思って良いでしょう。はっきり言って、滅茶苦茶高い手数料を取られているのです。

ですから、預貯金で対応できる部分に関しては、保険を使わないというのが基本です。

まとめ

ここまで書いたことをまとめてみましょう。

まず、バイク保険には入った方が良いです。必要なものだと思ってください。自分を守るためにも、事故の相手を守るためにも必要です。

しかし、すべての補償が必要というわけではありません。対人賠償責任保険と、対物賠償責任保険の2つだけが必須だと考えてください。

その上で、人身傷害保険と車両保険をどうするかを検討すると良いでしょう。


  1. 保険金額とは、支払われる保険金の上限の事です []

損保4社のバイク保険を一括見積

ズバット バイク保険比較なら損保4社の見積もりをまとめて取ることが出来ます。共栄火災、チューリッヒ保険会社、アクサ損害保険、三井ダイレクト損保の4社です。

ちなみに、このサービスを提供する株式会社ウェブクルーは、自動車保険の一括見積でおなじみの保険スクエア bang! などを運営する会社ですね。

一括見積は各社の比較ができて非常に便利です。バイク保険を考えている人は、ぜひご利用ください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。