自動ブレーキを装備した車って高いの?

交通事故を減らすのに効果がありそうな自動ブレーキ。最近は高齢者の操作ミスによる事故のニュースも見かけます。そういうものには、一定の効果がありそうですよね。

でも、自動ブレーキを装備している車って、値段が高いのでしょうか。あまり割高だと、ちょっと考えてしまいます。

自動ブレーキの車って、値段も高いのか?

絶対に無いよりはマシな自動ブレーキ

交通事故のリスクを少しでも減らそうと思えば、自動ブレーキ1 を採用している車を選ぶことを考えるはずです。ちゃんと機能するのであれば、人間だけで判断するよりは、リスクを小さくできるはずですよね。

もちろん、自動ブレーキ自体は、現在でも発展途上といったところです。ですから、機能として十分ではないという考え方もあるでしょうけどね。

それでも、無いよりマシなのは間違いありません。本人だけでなく機会も一緒になって安全確認をするわけですからね。

新機能が付くと高くなるのが自動車の常です

でも、自動車に関しては、新しい機能の車は高価になる傾向があります。ハイブリッド車も当初はかなり割高でしたし、電気自動車は今でもかなり高いといった具合です。

それでは、自動ブレーキの車はどうなのでしょうか。同じくらいのスペックの、自動ブレーキが無い車と比べて、価格は高いのでしょうか。

特別に割高という事も無さそうです

中古車販売でおなじみのガリバーのサイト内で、「安全な車ランキング2017 コンパクトカー編」というページがありました。それによると、「おすすめ1位」に選ばれたのは日産ノートでした。

日産ノートの場合、自動ブレーキ機能である「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」が、e-POWER S を除くすべてのタイプで装備されています。それでいて価格は139万9680円からということで、他のコンパクトカーと比べて特別高いわけでも無いようですね。

ちなみに、日産ノートは、安全性能評価のテストでも優れた結果を出しているようです。

日産「ノート」は
平成29年度自動車アセスメント(JNCAP)において
予防安全性能評価で、満点で最高評価となる「ASV++(ダブルプラス)」(日産のサイトより)

どうやら、それほど高くない車の中にも、自動ブレーキに関しての十分な性能を持つ車はありそうですね。

高齢者は自動ブレーキが付いた車を選んでほしいものです

率直に言って、高齢者は、自動ブレーキが付いた車を選んでいただきたいものです。値段的にも高くないわけですからね。

嫌な言い方ですが、高齢者が単独事故を起こして死傷をするのなら、それはそれで本人の判断だと思います。自動車保険にさえ入っていれば、物損に関しては完全に補償されますから、大きな問題はありません。勝手にしてくださいという話です。

でも、自動車の事故の場合は、他人を巻き込む可能性があるんですよね。さすがに、これで命を落とす人がいると可哀そうです。

  1. 正確には「衝突被害軽減ブレーキ」あるいは「AEB」 []

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。