「au自動車ほけん」ってなんだ?| 三井ダイレクト損保の自動車保険と同じもののようです

au損保が「au自動車ほけん」の販売を開始するようです。新しい自動車保険かと思ってチェックしてみましたが、他社商品を名前を変えて売るだけのようです。要するに代理店です。

(¬ε¬)フーン

「au自動車ほけん」という新しい保険?

2019年4月から、「au自動車ほけん」という保険が売られるようですね。名前から推測できるように、KDDI とau損保の保険です。

この保険、「au自動車ほけん」という名前から、au損保独自の保険のような感じがします。でも、紹介している記事を見ると、実は、「三井ダイレクト損保の通販型自動車保険をKDDIとau損保が代理店として提供するもの1 」ということです。

要するに、au損保がやるのは、単なる代理店というわけですね。つまり、「au自動車ほけん(三井ダイレクト損保)」というわけですね。

ということは、保険自体には、特に新しい部分は無さそうです。よくある、通販型の自動車保険でしょう。

普通に契約するより若干安いのか?

ただ、au自動車ほけんとして契約するメリットは有るのかもしれません。次のような記述も見つけました。

契約条件によってインターネット割引(最大10,000円)、証券不発行割引(500円) が適用されるほか、au携帯電話の利用者は初年度の証券不発行割引が1,000円に拡大される。

これは、三井ダイレクト損保と契約するよりも、少し保険料が安くなるとういことでしょうか。そうだとしたら、多少はメリットがありそうですね。

一部のアプリが利用可能

また、KDDI が絡んでいることで、契約者は一部のアプリを使えるようですね。具体的には、「au助手席ナビ」というアプリが使えるのだとか。

「au助手席ナビ」は、助手席に座る人がドライバーをサポートするためのカーナビゲーションアプリで、 交差点名称や右左折の音声案内や最適なルート検索が可能となっている。

ただ、この機能って、必要なのでしょうか?個人的にはよくわからないなあ。

ドライブレコーダーの機能も提供されるようなので、そちらの方が魅力があるかもしれません。

まとめ

率直に言って、名前こそ「au自動車ほけん」ですが、実態は三井ダイレクト損保の自動車保険です。ただ、「au自動車ほけん」独自の割引があるので、他で契約するよりは若干有利かもしれません。一部のアプリも使えますしね。

ということは、三井ダイレクト損保を使うつもりがある事が選択の前提条件になるでしょう。そのうえで、割引やアプリに興味があるのなら、ここを使えばいいというくらいでしょうかね。


  1. 「au自動車ほけん」4月スタート、「証券不発行割引」やアプリにドライブレコーダー機能も
    2019/3/22(金) 8:00配信 MONEYzine []

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。