無料でマイカーが持てるサービスですか…微妙| DeNA SOMPO Mobility の新サービス

DeNA SOMPO Mobility という会社が、車を無料で貸してくれるサービスを行うのだそうです。期限は特に設けていないようなので、実質的に所有するような形になるのでしょうか。

さて、このサービス、どんなものでしょう。私たちに有利な仕組みなのでしょうか。

車を無料で貸してくれるサービス

日経クロストレンドというところが、興味深い記事をアップしていました。次のようなタイトルの記事です。

■ マイカーが無料で持てる? DeNAと損保ジャパンが組んだ新サービスの衝撃1

「マイカー」って、久しぶりに見たかも

どうでもいいですが、「マイカー」って単語、久しぶりに目にしたような。完全に死語だと思っていました。

あ、でも、「マイカーローン」という使い方はするかな。でも、「自分が所有する車」という意味でマイカーという語は、長いこと見ていない気がします。

名前に「トレンド」と入っている媒体なのに、書いている人はトレンドに敏感でないのでしょうか。まあ、「トレンド」っていう単語も、日本語としては、流行りをとうに過ぎている感じがしますが。

まあ、媒体の名前は雑誌名から来ているのでしょう。トレンドという言葉がトレンドだったときについた名前でしょうね。

個人間カーシェアリングの会社のサービス

さて、本題に戻りましょう。

そもそもの事の起こりは、DeNA と損保ジャパンが合弁会社を作ることです。この会社が、個人間のカーシェアリングを行うそうです。

そして、その事業の一つに、自動車の無料貸与という仕組みがあるようですね。

ただ、無料で貸してもらうには、条件があります。駐車場は自分で準備しないといけないのです。もちろん、自宅駐車場でも可能です。

そして、貸与された車は、カーシェア用に提供しないといけません。個人間のカーシェアの事業をやっている会社が無料で貸すわけですから、当然そうなりますよね。

つまり、「マイカー」と言いながら、完全に自由に使えるわけでは無さそうです。記事内で明示されてはいませんでしたが、決められた範囲で利用できるという感じでしょう。

会社としては、駐車場代を無料にできるのがメリットかな。ランニングコストさえ抑えられれば、車の代金は十分回収可能と読んでいるのでしょう。

まあ、要するに、「駐車場を貸してくれたら、時々タダで車に乗らせてやる」という程度の話ですね。

さて、これが有利な話と言えるのでしょうか。個人的には、ちょっと微妙な感じがします。

車種は自分で選べる

あ、一応、車の種類は自分で選べるようです。もちろん、何でもいいというわけではないでしょうけどね。

カーシェア目的という前提がありますからね。

サービスの概要はこんな感じ

つまり、次のような感じになるわけですね。

  1. 駐車場は自分で用意する(自宅駐車場でも可)
  2. 車を選ぶ
  3. 車を置く
  4. 決められた範囲で車に乗れる
  5. 収益はDeNA SOMPO Mobility が持っていく

カーシェアの時の受け渡しはどうする?

さて、実際に利用することを考えると、ちょっと気になる点が有ります。自動車の受け渡しってどうなるのでしょうか。

これも借り手の義務だとすると、ちょっと負担が大きすぎますよね。

ただ、これに関しては、心配は要らないようです。貸し手と借り手が対面しなくても済むシステムを、導入予定なのだとか。

今回の取り組みでは、個人間カーシェアの利用を促進するサービスの進化も予定されている。その1つが、19年中に導入予定のスマートデバイスだ。これはクルマの貸し手が通信モジュール内蔵の車載デバイスを設置することで、無人での貸し出しを可能にするもの。

これって、万が一接触事故でもあった場合、トラブルにならないか不安はありますけどね。誰かが接触した事を告げずに返した場合、誰が起こした事故なのか、判断が難しそうです。

どのくらいの利用者がいるのかは疑問

率直に言って、私個人としては、このシステムはそれほど魅力的という感じはしませんでした。ただ、低予算で手元に車をおいておいたいというニーズが有るなら、一定のメリットはあるかもしれません。

それに、駐車場を借りてまで利用するメリットがあるとは思えません。利用するとしたら、空いている駐車場がある場合に限られそうですね。

いや、結構ハードルが高いです。


  1. マイカーが無料で持てる? DeNAと損保ジャパンが組んだ新サービスの衝撃 3/22(金) 7:00配信 日経クロストレンド []

【最大5万円安く!】自動車保険の保険料を節約する手っ取り早い方法

自動車保険の保険料を下げようと思ったときに、一番手っ取り早い方法は何でしょうか。おそらく、損保各社から見積もりを取り、保険料を比較することでしょう。

自動車保険の保険料が平均で2万5000円も安くなる

保険スクエアbang!サイトのコピー
平均で2万5000円、中には5万円も
安くなる人も

ただ、複数者に見積もりを依頼するのは面倒です。そこで、一括で見積もりが取れるサービスを利用しましょう。簡単な一回の入力作業で、10社以上から見積もりが取れます。

保険スクエアbang!のサイトによると、平均で約2万5000円も保険料が安くなっているようです。中には、5万円以上安くなった人もいるのだとか。

ここまでのメリットがあるのなら、チェックしない手は無いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。